ウィル・タケット×首藤康之による世界初演の新作『鶴』が来年3月にKAAT 神奈川芸術劇場で上演 - 2011年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

英国のロイヤル・バレエやロイヤル・オペラを中心に世界的に活躍するウィル・タケットが演出・振付を手掛け、日本を代表するバレエダンサー・首藤康之が主演を務めるバレエ公演『鶴』が、来年3月にKAAT 神奈川芸術劇場にて行われる。

本作は、日本人なら誰でも知っている民話「鶴の恩返し」をイギリス人の視点でとらえ、広い視野のもと創作される新作。

共演にはクリストファー・マーニー、ナオミ・コビー、キャメロン・マクミラン、ヌーノ・シルバ、後藤和雄と、日英のバレエ界からよりすぐられたダンサーたちが顔をそろえる。

また、今年のトニー賞でプレイ部門最優秀作品賞に輝いた『軍馬ジョーイ』のパペット技術を導入。さらに、衣裳をワダエミが担当し、音楽では藤原道山とポール・イングリッシュビーがコラボレーションするなど、世界の才能が集結した舞台となるようだ。

インフォメーション

KAAT 神奈川芸術劇場オープニング1周年公演
NIPPON文学シリーズ第2弾
『鶴』日本民話“鶴の恩返し”より

【スタッフ】演出・振付=ウィル・タケット
【キャスト】首藤康之/クリストファー・マーニー/キャメロン・マクミラン/ナオミ・コビー/ヌーノ・シルバ/後藤和雄

2012年3月16日(金)〜18日(日)
・会場=KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
・一般前売=1月8日(日)開始
・料金=全席指定S席8,500円/A席6,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3810