レイフ・ファインズ初監督&主演 映画「英雄の証明」の日本公開が決定 シェイクスピアの『コリオレイナス』を現代に置き換えて描く - 2011年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

イギリスの実力派俳優レイフ・ファインズが、初監督に挑戦した映画「英雄の証明」の日本公開が決定。来年2月25日(土)より全国公開される。

本作は、ローマの将軍コリオレイナスの悲劇を描いたシェイクスピアの戯曲『コリオレイナス』を現代に置き換えたサスペンス・アクション。ファインズは、監督だけでなく主演も務め、数々の武勲から権力を得ながらも、独裁を危惧された政治家たちに国を追放されてしまうコリオレイナスを演じる。

そして、敵国のリーダー、オーフィディアスを、「300(スリーハンドレッド)」などで注目を集めるジェラルド・バトラーが演じている。

映画は、2月25日(土)より、丸の内ルーブル、渋谷東急ほか全国にてロードショー。

インフォメーション

映画「英雄の証明」

【スタッフ】原作=W.シェイクスピア 監督=レイフ・ファインズ 脚本=ジョン・ローガン
【キャスト】レイフ・ファインズ/ジェラルド・バトラー/ヴァネッサ・レッドグレイヴ/ジェシカ・チャステイン ほか

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3828