宝塚歌劇団宙組トップスターの大空祐飛が退団 - 2011年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、26日、宙組トップスターの大空祐飛が、12年7月1日(日)の東京宝塚劇場『華やかなりし日々』『クライマックス−Cry‐Max−』千秋楽公演をもって退団することを発表。27日に、大阪市内のホテルで会見を行った。

退団の理由について「『クラシコ・イタリアーノ』『NICE GUY!!』で、“男役・大空祐飛”という舞台人を面白いと思え、確かな手応えとして感じ、認めてあげることができたので」と明かした。

歌劇団での日々を「私は宝塚という世界、男役という世界を本当に楽しませていただき、味わい尽くした気がしています」と振り返り、仲間たちには「宝塚にいる時間というのは限られた時間なので、その時間にすべてを注ぎ込むことは、自分の人生の糧となると思います。今自分が向き合っていることにすべてのエネルギーを注いで、充実した時間を過ごしてほしいと思います」とメッセージを送った。

そして、ファンに対して「不器用な私を本当にずっとずっと見守ってくださって、言葉には表せないほど感謝しております。最後に自分がもがいている時に、主演に向かって背中を押してくれたのはファンの皆さまだと思っています」と感謝の言葉を送った。

退団後については、「まだ考えていない」「新しいスタイルを見つけていきたい」と語った。

サヨナラ公演は、宝塚大劇場にて12年4月13日(金)から5月14日(月)まで、東京宝塚劇場にて6月1日(金)から7月1日(日)まで。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3860