ニコニコミュージカル『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』 兼崎健太郎&野田和佳子&渡辺大輔のビジュアル撮影リポートが到着 - 2011年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』左から兼崎健太郎、野田和佳子、渡辺大輔

▲ 左から兼崎健太郎、野田和佳子、渡辺大輔

拡大する

来年3月に博品館劇場で行われる「ニコニコミュージカル」の第8弾公演『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』。本日28日、都内にて同公演のビジュアル撮影が行われ、その様子のレポートと写真が到着した。

本作は、楽曲制作アプリケーション「ボーカロイド」を用いて制作された、楽曲「カンタレラ」「パラジクロロベンゼン」「サンドリヨン」を題材としたもの。

今回は、8月に初演された同作から、原曲を除く楽曲や脚本、キャスト、衣裳などを大幅にリニューアル。禁じられた兄妹愛、父子関係、コンプレックス……。後期ルネサンスのローマを舞台に、悪名高き法王の一族ボルジア家の人びとが抱える“心の闇”や葛藤。そして、それらに対峙する“心の強さ”を描き出すという。

撮影は、主人公チェーザレと禁断の恋に落ちるヒロイン、ルクレツィア役の野田和佳子からスタート。薄緑色のドレスを身にまとい登場した野田は、初演とはまた違った“強い女性”のルクレツィア像を創り上げていく。

次に登場したのは、初演に引き続き主人公チェーザレを演じる兼崎健太郎。衣裳は、前回とは雰囲気を一新。より時代に合わせたゴシック調の衣裳で、初演よりも“男らしい”チェーザレ像となっているようだ。

そして、ジョヴァンニ・デ・メディチ役、渡辺大輔の衣装は、エメラルド色だった初演版から一転して茶色のクラシカルなイメージに。

撮影のラストは、兼崎、渡辺、野田の3ショット。兄妹でありながらも禁断の恋に落ちるチェーザレとルクレツィア、そして、チェーザレの親友でルクレツィアを愛するジョヴァンニという、3人の関係性を表現する。

撮影は終日、温かな雰囲気で進行。公演本番では、この日着用した衣裳よりさらにパワーアップしたものが登場するという。

この記事の写真

  • 『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』兼崎健太郎
  • 『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』 2渡辺大輔
  • 『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』 3野田和佳子
  • 『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』 4兼崎健太郎&渡辺大輔

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3866