富士通が提供 興行主自らチケット販売管理ができる「票券管理SaaS」が発売に - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

富士通は10日、映画や演劇、コンサート、スポーツなどの興行チケットの販売管理が可能なサービス「票券管理SaaS」の提供を開始した。

同システムでは、全国の各種興行主が自社のウェブサイト上でチケットを直接販売することが可能となっており、従来のプレイガイドへのチケット販売委託方式と異なり、興行主自身がリアルタイムにチケットの予約・販売・管理を行えることで、より低コストで効率的にチケット販売が可能になるとしている。

また、委託販売では得られにくい購入履歴などのユーザー情報が直接管理でき、ユーザーの嗜好に合わせたプロモーションといったマーケティングに活用できるという。

代金支払や発券、払い戻しが全国の「セブン-イレブン」で行えるサービスも併せて提供している。

料金は個別見積もりで、最短3日で、チケットの販売を開始できるという。

NHK交響楽団では、昨年11月より先行導入を実施しており、一部オンラインでのチケット販売を始めている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3892