韓国オリジナルミュージカルの日本版初演 『パルレ―洗濯―』製作発表会 - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『パルレ―洗濯―』製作発表会\

拡大する

『パルレ―洗濯―』製作発表会 2

▲ 会見では歌声も披露された。

拡大する

韓国の演劇街、大学路(テハンノ)で2005年に初演され、今もロングランを続けるほどの人気作『パルレ—洗濯—』の日本版が、2月に三越劇場で開幕する。1月5日、その製作発表が銀座K-PLACEで行われた。

本作は、地方出身のOLナヨンと、モンゴルから来た青年ソロンゴとの恋を軸に、さまざまな悩みを抱えながら日々を精一杯生きる人びとの心の交流を、笑いあり涙ありでつづる人間ドラマ。日本版では、本作が劇団四季退団後の初舞台となる木村花代と、SDN48のリーダーでミュージカル初挑戦となる野呂佳代がWキャストで主演を務めるほか、韓国人シンガーソングライターのLENが出演するなど、多彩な顔ぶれがそろった。会見にはそのほか、LENとトリプルキャストでソロンゴを演じる松原剛志、野島直人、一人で数役を演じる川島なお美、大鳥れい、三波豊和が登壇。劇中からの3曲を熱唱し、力強い歌声も披露した。主なコメントは以下の通り。

木村花代 ナヨン役(Wキャスト)
14年間舞台女優をやらせていただいてきた中で、主に海外からの作品が多かったにもかかわらず、今回、初めて海外の演出家さんに演出を付けてもらうことになります。ミンジュさんに自分をさらけ出して、私なりのナヨンを引き出してもらえたら。「生きる」という意味を感じる作品ですので、ナヨンを演じながら、「生きる」ということについて考え、教えてもらえればと思っています。

野呂佳代 ナヨン役(Wキャスト)
お話をいただいた時にかなりびっくりしました。私は初めてのミュージカルなので、とにかく周りの先輩方にご迷惑をかけないよう、足を引っ張らないように頑張ろうと。3月にSDN48を卒業するので、キャプテンとしてちゃんとしたところを見せられるようにしたいです。

LEN ソロンゴ役
僕は外国人の役ですので、そんなに流暢な日本語ではなくていいかなと、せりふについてはあまり心配していません。その代わり、歌の部分で感動を伝えなければいけないので、今は歌を一生懸命練習しています。いろいろなジャンルに富んだ、一曲でさえ捨て曲がないミュージカルですので、お客さんに感動を持ち帰ってもらえるといいなと思っています。

野島直人 ソロンゴ役(トリプルキャスト)
『レ・ミゼラブル』の時と同じく今回もトリプルキャストで、同じ役(を演じる俳優)が3人います。それぞれ個性が全然違いますので、そこが作品の魅力の一つでもある。役者として、ソロンゴとして、お客様と一緒に考えて、感じていって、元気になれたらなと思います。

松原剛志 ソロンゴ役(トリプルキャスト)
知り合いの相撲部屋の女将さんにモンゴル語なまりについて聞いてみたりしたんですけど、「日本語とほとんど変わらない」と言われてしまって(笑)。日本人なのに日本語にブレーキをかけなきゃいけないという作業が難しいですね。また、海外労働者の方が虐げられている感じなどをうまく出せられるよう、役作りに力を入れたいと思います。

川島なお美 ナヨンと同じアパートに住むヒジョンママほか
ソロンゴとナヨン役の皆さん以外(の川島、大鳥、三波)は何役もやらせていただくんですけど、私はヒジョンちゃんママ役以外には、フィリピン人ダンサー、バスの運転手さん、妊婦さんなどいろいろ(演じる)キャラクターがあって、「え、これが川島?」と気付かれないくらいが役者冥利につきますね。体の中から(役を)入れ替えるような気持ちで挑みたいです。

大鳥れい 大家さん役
宝塚を辞めて10年が経ちました。今年は新たなチャレンジをしたいなと思っていた時に、70歳の威勢のいいおばあさん役のお話をいただき、これは演らなきゃいけないなと。人がやらないことをやりたい、新しいことにチャレンジしたいと常々思っていますので、一生懸命頑張ります。

三波豊和 ナヨンが入社する会社の社長・パン役
最初に作品のCDを聴きましてね、そしたらすぐ耳に入ってくる良い曲ばかりなんです。韓流ブーム、韓流ブームと言いますが、やっぱりこの(韓国生まれの)音、楽曲の良さが皆さんに受け入れられているんじゃないかなと。今回、3つの役を演じるんですけど、共通しているのはすべて「3枚目」ということ(笑)。韓流が好きな方もそうでない方も楽しめるすてきな、ハートウォーミングなミュージカルに仕上がっています。

チュ・ミンジュ(演出)
『パルレ』の海外上演は日本が初めてなので、とてもうれしく思っています。物語の中には、「私と似ている」と、共感していただけるような人物が出てきます。彼らの境遇に共感してお客様が慰められ、その結果、作品が愛されてきたんだと思います。韓国で観てくださった人たちが「元気をもらった」と言ってくれています。日本でも多くの方に元気、力を得ていただきたいですね。

この記事の写真

  • 『パルレ―洗濯―』製作発表会1
  • 『パルレ―洗濯―』製作発表会2 会見では歌声も披露
  • 『パルレ―洗濯―』製作発表会3 ナヨン役の二人

インフォメーション

韓国オリジナルミュージカル『パルレ―洗濯―』

【スタッフ】作・演出=チュ・ミンジュ/音楽=ミン・チャンホン/上演台本・訳詞=保坂磨理子/共同演出=鈴木孝宏
【キャスト】木村花代/野呂佳代/松原剛志/野島直人/LEN/川島なお美/大鳥れい/三波豊和/安福毅/上田亜希子/奈良坂潤紀

東京公演
2012年2月4日(土)〜16日(木)
・会場=三越劇場
・チケット発売中
・料金=全席指定8,300円
・お問い合わせ=ピュアーマリー http://www.puremarry.com、東京音協 TEL.03-5774-3030、劇場 TEL.0120-03-9354

大阪公演
2012年2月17日(金)・18日(日)
・会場=サンケイホールブリーゼ
・チケット発売中
・料金=全席指定8,300円
・お問い合わせ=劇場 TEL.06-6341-8888

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3894