抱腹絶倒のミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』が開幕! - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕1

拡大する

ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕5

拡大する

ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕7

拡大する

1月9日(月・祝)、『モンティ・パイソンのスパマロット』が赤坂ACTシアターで開幕した。2005年にブロードウェイで初演され、トニー賞で3部門に輝いた本作は、“コメディー界のビートルズ”ことイギリスのコメディー集団モンティ・パイソンの1974年の映画「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」を舞台化したもの。本邦初演となる今回、放送作家で映画の監督・脚本家としても知られる福田雄一が、企画・脚色・演出に挑んだ。

西洋の物語「アーサー王と円卓の騎士」をモチーフにした本作は、湖の貴婦人から伝説の剣を授かったアーサー王(ユースケ・サンタマリア)が、神の啓示を受け、円卓の騎士たちとともにホーリー・グレイル(聖杯)を探す旅に出る様子を描く。

円卓の騎士らを演じるのは、池田成志、TEAM NACKSの戸次重幸、若手俳優・賀来賢人、ムロツヨシ、マギー、皆川猿時ら、実力のある笑いの猛者たち。そして湖の貴婦人役を元宝塚歌劇団の彩吹真央が務める。ストーリー以上に、役者同士の掛け合いと、全編にちりばめられた風刺、吉本新喜劇的な王道の笑いやシュールなコント、ダンス&歌で魅せる本作。腕の立つ実力派たちを脇に従えた主演のユースケは、“周りに王だと気付かれない地味な王”を自然体で演じ、伸びやかな歌声、軽快なダンスも披露。そんなユースケと、円卓の騎士役の俳優陣の息の合った掛け合いは絶妙で、観客から爆笑を誘っていた。また堂々としたコメディエンヌぶりで会場を湧かせた彩吹の熱演も讃えたい。

客席は終始、笑いにつつまれ、笑い疲れてぐったりさせられる場面もあったが、ブロードウェイ作品の日本版として、日本の現代アイドルの歌や振付をパロったり、有名なドラマやCMのくだり、タブーを織り交ぜるなど、日本人にも通用する笑いのポイントを押さえた舞台として生まれ変わらせた福田の演出は見事。今後の彼の活躍にますます期待が高まる。

また、当日は開幕前に囲み取材が行われた。登壇した主演のユースケのコメントは以下の通り。

ユースケ・サンタマリア アーサー王役
(稽古期間は)あっという間でした。一月半もやるの?と思ってたらあっという間。歌に踊りに……やることが多いのが大変だった。でも、しっかりしたメンバーとやることができたので楽しくできましたね。(歌やダンスは)やってみたら意外にも才能があったみたい。スポンジのようにどんどん吸収できた。(2012年の抱負は?との問いに)今年は現状維持で! 下に落ちたり上がったり……それが人生なんじゃないですかね。あまり悲観的に考えず、なんとかやっていきたい。みんなで頑張りましょうよ! Here we go!

この記事の写真

  • ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕1
  • ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕2
  • ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕3
  • ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕4
  • ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕5
  • ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕6
  • ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』開幕7

インフォメーション


大阪公演
2012年2月2日(木)〜5日(日)
・会場=森ノ宮ピロティホール
・料金=全席指定10,500円
・お問い合わせ=キョードーインフォメーション TEL.06-7732-8888

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3895