ひょっとこ乱舞“大爆破”とは!? 最終公演『うれしい悲鳴』が3月に開催 - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

広田淳一が主宰する劇団「ひょっとこ乱舞」の最終公演『うれしい悲鳴』が、3月3日(土)より吉祥寺シアターで行われる。

“最終公演”そして“大爆破”と、劇団解散を連想させるキーワードが銘打たれている同公演。しかし、ひょっとこ乱舞、改名はするものの今後も団体としての活動を継続。公式サイトに掲載されている広田のインタビューによると、これまでの活動でメンバーも変わり「ある意味ではここ数年はもはや『ひょっとこ乱舞』以後の『ひょっとこ乱舞』をやっていたような感覚がある」。「“大爆破”とは、一つのプロジェクトの終わり」「自分たちの活動に言葉で一つ区切りをつける」と語っている。

「ひょっとこ乱舞」としての最後の公演は、多彩な客演陣を迎え、“感度”をテーマにした舞台を送る。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3896