彩の国シェイクスピア・シリーズ第26弾は、山本裕典&月川悠貴らオールメールで送る『トロイラスとクレシダ』 - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

蜷川幸雄がシェイクスピア作品、全37作を手掛ける「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の第26弾『トロイラスとクレシダ』が、8月に上演されることが決定。

今回は、すべての役を男性俳優が演じる「オールメール・シリーズ」。これまで、『お気に召すまま』『間違いの喜劇』『恋の骨折り損』『から騒ぎ』『じゃじゃ馬馴らし』と「喜劇」を上演してきたが、第6弾となる今回は、古代トロイを舞台に、戦争と恋愛をテーマにした悲劇に挑戦する。

タイトルロールの2人を『じゃじゃ馬馴らし』でカップルを演じた山本裕典と月川悠貴が演じる。

インフォメーション

彩の国シェイクスピア・シリーズ第26弾
『トロイラスとクレシダ』

【スタッフ】作=W.シェイクスピア 演出=蜷川幸雄 翻訳=松岡和子
【キャスト】山本裕典/月川悠貴 ほか

2012年8月中旬
・会場=彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
・一般前売=4月予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3914