男女逆転の江戸時代を描いたヒット作「大奥」がテレビドラマと映画で続編制作決定 堺雅人が“一人二役”で連続主演 - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

よしながふみの同名人気コミックを原作とした映画「大奥」の続編が、テレビドラマと映画で制作されることが決定。両作とも主演は堺雅人が務める。

本作は、謎の疫病のため男性が女性の4分の1の人口になってしまい、男女の立場が逆転した江戸時代を舞台とした異色作。柴咲コウ、二宮和也らの出演で、10年に公開された前作では、8代将軍・徳川吉宗の時代が描かれたが、今回のテレビドラマ版では大奥が誕生した3代将軍・家光の時代が、映画版では、5代将軍・綱吉の時代が舞台となる。

堺は、ドラマ版では、汚れなき心を持つ家光の側室・有功(ありこと)を、映画版では、野心を胸に秘めた男・右衛門佐(えもんのすけ)を演じる。異なる時代設定だが、2人が瓜二つという設定から、堺雅人が“一人二役”に挑戦する。

それぞれの時代の将軍役で共演するのは、多部未華子(家光)と、菅野美穂(綱吉)だ。テレビ・映画ともに監督は、金子文紀が続投する。

テレビドラマ「有功・家光篇」はTBS系列にて10月放送開始。映画「右衛門佐・綱吉篇」は、12月22日(土)全国ロードショー。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3919