「第15回鶴屋南北戯曲賞」に鈴木聡の『をんな善哉』 - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

財団法人光文文化財団が主催する「第15回鶴屋南北戯曲賞」が発表され、鈴木聡の『をんな善哉』が選ばれた。

本作は、昨年5月の劇団青年座公演に鈴木が書き下ろした作品。かつて、広告代理店で働くキャリアウーマンで、現在は下町にある実家の甘味処を切り盛りする女性を中心に展開される人情喜劇だ。

候補には、本作のほか、中津留章仁『黄色い叫び』、鈴木聡『ハズバンズ&ワイブズ』、東憲司『オバケの太陽』、ふたくちつよし『切り子たちの秋』、桑原裕子『往転−オウテン』の5作品が挙がっていた。

贈呈式は3月15日(木)に東京会館で行われ、正賞のブロンズ像と副賞200万円が贈られる。

過去の関連記事

» 2011/1/20|第14回鶴屋南北戯曲賞に、前川知大の『プランクトンの踊り場』

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3920