吉本興業創業100周年記念公演第1弾『大将と御寮ンさん・二人の夢』制作発表会 国仲涼子&陣内智則が創業者夫妻を演じる - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
吉本興行創業100周年記念公演『大将と御寮ンさん・二人の夢』制作発表会\

拡大する

創業100周年を迎える吉本興業の歴史を、4月より1年間、月替わりの12本の芝居で振り返る「吉本百年物語」。その第一弾となる4月公演『大将と御寮ンさん・二人の夢』の制作発表記者会見が、18日、大阪・なんばグランド花月にて行われた。

本作は、1912年4月、創業者の吉本吉兵衛・せい夫妻が、寄席商いの世界に飛び込み挑戦する姿を描いた、笑いあり涙ありの人情物語。せい役は国仲涼子、吉兵衛役は陣内智則、そして、“夫婦の夢”に融資する金貸しのお銀役は神野美伽が務める。

会見は、通常公演終了後の舞台上で行われ、当日のすべての演目が終わった後だったが、多くの観客が席に残り熱心に見守った。

国仲涼子 吉本せい役
無一文から寄席商いを始めるという夫を、支えるというよりは引っ張っていくという、とてもたくましい女性を演じます。すごく愛情あふれた、人と人とのつながりを大切にした作品にしたい。力強いパワーのあるお芝居を皆さんに観ていただきたいです。なんばグランド花月の舞台に立つのは初めてです。お客さんの熱気がすごいですね。

陣内智則 吉本吉兵衛役
久しぶりの旦那役なので(笑)。3年ぶりでしょうか。100年前のお話なので、皆さんが観に来てくださっているのも、僕たちがいま舞台に立っているのも、せいさん、吉兵衛さんのおかげ。感謝の気持ちを込めて演じたい。
(陣内が夫役ということについてコメントを求められた国仲が口ごもると)涼子ちゃん、大丈夫ですか? すごく仲が良かったと聞いているので、心を通じ合わせて頑張ります。

神野美伽 金貸しお銀役
36〜37年前、昔のなんば花月で『ポケットミュージカルス』の舞台に11日間立たせてもらったことがあります。100周年を迎える吉本さんのお芝居に、こうして参加させていただけるのは、浅からぬ縁を感じます。賢くて強くて大阪人特有の情のあるお銀を演じたいです。せいさんとの共通点は賢さ。女同士の友情をどこまで出せるか、楽しみにしています。
(金貸し役ということで、楽屋に若手芸人がお金を貸してくれとやってくるかも?と言われ)それだけはお断りです(笑)。

インフォメーション

「吉本百年物語」4月公演
『大将と御寮ンさん・二人の夢』

【スタッフ】脚本=長川千佳子 演出=湊裕美子
【キャスト】国仲涼子/陣内智則/神野美伽/鎌苅健太/国木田かっぱ/いま寛大/青野敏行/桂あやめ/笑福亭仁智/テント/笑福亭扇平/ランディーズ/ガリットチュウ/ガリガリガリクソン/森田まりこ/河内家菊水丸(口上・新聞詠み)

4月13日(金)〜5月6日(日)
・会場=なんばグランド花月
・料金=全席指定1階席7,500円/2階席6,000円
・お問い合わせ=チケットよしもと TEL.0570-036-912

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3922