吉川晃司&上川隆也がW主演で手塚治虫作品の舞台化に挑戦 舞台『陽だまりの樹』製作発表会 - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『陽だまりの樹』製作発表会1 吉川晃司(左)と上川隆也

拡大する

『陽だまりの樹』製作発表会2 吉川晃司(左)と上川隆也

拡大する

手塚治虫の同名コミックを原作とした舞台『陽だまりの樹』の製作発表会が、19日、都内で行われ、W主演を務める吉川晃司と上川隆也が出席した。

手塚治虫の長編歴史漫画の代表作を舞台化した同作は、医者の手塚良庵(上川)と、武士の伊武谷万二朗(吉川)という対照的な2人が絆を深めながらそれぞれの立場で混乱の時代を生き抜く友情物語。

この日、吉川と初対面した上川は「デビュー当時から歌番組で拝見していたので、正直なところ、第一印象としては“本物だ!!”と、思いました」と話すと会場は笑いに包まれた。

今回、初のストレートプレイに挑戦する吉川は「(上川に)胸をお借りして、教わりながら真っ白なキャンパスになったつもりでやれたら」「自分の知らない自分に出会えることが楽しみです」と抱負を語った。

実は、同い年の上川と吉川。その話題に触れると「同じ物を見て、過ごしてきたということは、絶対に舞台に良い影響を与えるし、演技にも反映されると思う。舞台上以外のコミュニケーションも楽しみですね」(吉川)「音楽をやってきた吉川さんと、芝居だけをやってきた僕の文化交流もあるだろうし、ハイブリッド感が出れば」(上川)と期待をにじませた。

初対面とは思えないほど、息がぴったりの二人。がっちりと握手を交わして、会見は終了した。

インフォメーション

『陽だまりの樹』

【スタッフ】原作=手塚治虫(塚は正しくは旧字体) 脚本・演出=樫田正剛
【キャスト】上川隆也/吉川晃司/岡本健一/高野志穂/花影アリス/石倉三郎/瀬下尚人/岡森諦/小林十市/斉藤レイ/伊藤高史/長谷川純 ほか

東京公演
2012年4月13日(金)〜4月23日(月)
・会場=サンシャイン劇場
・一般前売=1月28日(土)開始
・料金=全席指定9,500円(23日を除く平日8,500円)
・お問い合わせ=キョードー東京 TEL.0570-064-708(平日12:00〜18:00、土・日曜10:00〜18:00)

大阪公演
2012年5月4日(金・祝)〜20日(日)
・会場=新歌舞伎座
・一般前売=1月28日(土)開始
・料金=全席指定S席(1・2階)10,000円/2階A席7,000円/3階A席5,000円/3階B席3,000円/特別席12,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.06-7730-2121

愛知公演
2012年5月24日(木)〜27日(日)
・会場=中日劇場
・一般前売=3月26日(月)予定
・料金=全席指定S席10,000円/A席8,000円/B席6,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.052-263-7171

過去の関連記事

» 2011/12/1|上川隆也&吉川晃司主演で手塚治虫の「陽だまりの樹」を舞台化

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3923