アートデザイナーの石岡瑛子さんが死去 - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

アートデザイナーの石岡瑛子(いしおか・えいこ)さんが、21日、すい臓がんのため都内の病院で死去した。73歳だった。

東京都生まれ。東京芸術大学を卒業後、60年に資生堂宣伝部に入社し、グラフィックデザイナーおよびアートディレクターとして活躍し、70年に独立。80年代から拠点をニューヨークに移し、世界に活動の場を広げた。

映画「MISHIMA」で、カンヌ国際映画祭芸術貢献賞を受賞。フランシス・フォード・コッポラ監督の映画「ドラキュラ」でアカデミー衣裳デザイン賞を受賞。マイルス・デイビスのアルバム「TUTU」のジャケットデザインでグラミー賞に選ばれるなど、さまざまなジャンルで高い評価を受けてきた。

舞台作品では、トニー賞受賞作『M.バタフライ』(舞台・衣裳デザイン)や、シルク・ドゥ・ソレイユ『ヴァレカイ』(コスチュームデザイン)、ミュージカル『スパイダーマン』(コスチュームデザイン)などを手掛けた。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3944