映画「十三人の刺客」が高橋克典、坂口憲二らの出演で舞台化 - 2012年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

映画「十三人の刺客」が、今夏、高橋克典、坂口憲二らの出演で舞台化される。

江戸時代末期、悪行の限りを尽くす明石藩主暗殺の命を受けた、13人の男たちの死闘を描いた本作。原作は、工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演で63年に公開された傑作時代劇だ。10年には、三池崇史監督でリメイク版が制作され、役所広司、山田孝之、稲垣吾郎、市村正親など豪華キャストの共演でも注目を集めた。

舞台版の脚本は、鈴木哲也とマキノノゾミのコンビが執筆。マキノは演出も手掛ける。高橋は、刺客のリーダーとなる主人公・島田新左衛門を、坂口は、島田たちの前に立ちふさがる明石藩側用人・鬼頭半兵ヱを演じる。高橋は99年の『セツアンの善人』以来、13年ぶりの舞台出演。坂口は今回が初舞台となる。

【追記:2012/2/16】

キャストを追記。

インフォメーション


大阪公演
2012年8月21日(火)〜29日(水)
・会場=新歌舞伎座
・お問い合わせ=劇場 TEL.06-7730-2121

各公演とも
・一般前売=4月7日(土)開始

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3953