ロシア「ボリショイ・バレエ」の東京公演が開幕 - 2012年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「ボリショイ・バレエ」セルゲイ・フィーリン

▲ セルゲイ・フィーリン

拡大する

「ボリショイ・バレエ」岩田守弘

▲ 岩田守弘

拡大する

ロシアの「ボリショイ・バレエ」が、1月30日、東京公演の開幕を前に都内で記者会見を行った。

6年がかりの修復を行ったボリショイ劇場復活の後、初の海外公演となる今回のツアーでは、今シーズンから芸術監督としてバレエ団を率いるセルゲイ・フィーリンのもと、看板スターのアレクサンドロワ、ルンキナ、ヴォルチコフ、スクヴォルツォフ、チュージンが来日。さらに、16年間ソリストを務める岩田守弘にとって、同バレエでの最後のツアーとなる。

セルゲイ・フィーリン
私たちボリショイ・バレエ団は、日本で踊ることを本当に楽しみにしてまいりました。バレエを愛し、熱い拍手を送ってくださるファンの皆さまの前で、素晴らしいダンサーたちの舞台をご覧いただけることに、大きな責任を感じるとともに、心からうれしく思っています。

マリーヤ・アレクサンドロワ
隠すことなくお話しします! 私は日本が大好きです。前回日本で踊ってから、今回の来日公演の舞台に立つまで、私が貯めてきたすべてのもの、私の心のすべてを注いで踊ります。

アレクサンドル・ヴォルチコフ
昨年、日本は悲劇的な災害に見舞われました。でもその時の皆さんの姿勢から多くを学びました。心の強さ、真の愛を持っていらっしゃると思います。今回の公演が、世界中が皆さんのことを思っていることの象徴になれば……と思います。

岩田守弘
日本が大好きで、日本で踊りたいというダンサーたちがこうして来日しました。ボリショイ・バレエの素晴らしいところは、もちろんスタイルや技術も素晴らしいのですが、何よりも踊りの心、精神をそのまま伝えるところに特徴があると思います。最高の舞台をお約束します!

この記事の写真

  • 「ボリショイ・バレエ」セルゲイ・フィーリン
  • 「ボリショイ・バレエ」マリーヤ・アレクサンドロワ
  • 「ボリショイ・バレエ」アレクサンドル・ヴォルチコフ
  • 「ボリショイ・バレエ」岩田守弘

インフォメーション

ボリショイ・バレエ日本公演

『スパルタクス』
2012年1月31日(火)・2月1日(水)・2日(木)
『白鳥の湖』
2012年2月4日(土)・9日(木)
『ライモンダ』
2012年2月7日(火)・8日(水)

・会場=東京文化会館
・チケット発売中
・料金=全席指定S席22,000円/A席19,000円/B席16,000円/C席13,000円/D席9,000円
・お問い合わせ=ジャパン・アーツぴあコールセンター TEL.03-5774-3040

過去の関連記事

» 2011/11/25|ボリショイ劇場復活後初の海外公演 ボリショイ・バレエ日本公演が開催に

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3957