新国立劇場オペラ公演『さまよえるオランダ人』演出マティアス・フォン・シュテークマン×衣裳ひびのこづえによるトークセッションが開催に - 2012年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
新国立劇場オペラ公演『さまよえるオランダ人』ひびのこずえによる幽霊船の乗組員たちの衣裳デザイン

▲ ひびのこずえによる幽霊船の乗組員たちの衣裳デザイン。一人ひとりでは気付かないが、全員が集まると帆船になる。“群衆に興味がある”と語る、ひびのならではのデザインだ。

拡大する

新国立劇場オペラ公演『さまよえるオランダ人』の3月8日(木)の開幕を前に、演出のマティアス・フォン・シュテークマンと、衣裳のひびのこずえによるトークセッションが開催される。

07年の初演から5年ぶりに本作に取り組んだ2人。今だから語ることのできる舞台創造の裏側や作品の見どころに加え、2人がチームで取り組んだ、こどものためのオペラ劇場『ジークフリートの冒険』(04・05・08・09年)や『魔弾の射手』(08年)のエピソードについても語られる。

開催は2月27日(月)。参加費は無料。公式サイトでは、2月23日(木)まで参加申し込みを受け付けている。

インフォメーション

国際連携プロジェクトIV
『さまよえるオランダ人』トークセッション
演出家マティアス・フォン・シュテークマン×衣裳デザイナーひびのこづえ〜今だから語れる舞台創造の裏側

2012年2月27日(月)18:30開始
・会場=新国立劇場 オペラパレス・ホワイエ

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4127