兼崎健太郎らが登場 ニコニコミュージカル『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』キャストトークイベントが開催 - 2012年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』キャストトークイベント 左から兼崎健太郎、齋藤ヤスカ、小野田龍之介、渡辺大輔

▲ 左から兼崎健太郎、齋藤ヤスカ、小野田龍之介、渡辺大輔

拡大する

楽曲制作アプリケーション「ボーカロイド」を用いて制作された、楽曲「カンタレラ」「パラジクロロベンゼン」「サンドリヨン」を題材とした、ニコニコミュージカル第8弾『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』。3月7日(水)の開幕に先駆けて、18日に開催されたキャストトークイベントのリポートが到着した。

昨年夏の初演版から、楽曲・脚本・衣裳など、すべてを一新した完全改訂版となる本作。悪名高き法王の一族、ボルジア家の面々を軸に、「信じること・心の強さ」をテーマとした、禁じられた兄妹・父子関係、コンプレックスの問題を描く。

イベントには、主演のチェーザレ・ボルジア役の兼崎健太郎、スペイン王家フェルナンド3世役の齊藤ヤスカ、チェーザレの弟ホアン・ボルジア役の小野田龍之介、チェーザレの親友ジョヴァンニ・デ・メディチ役の渡辺大輔が登場。

「初演とは大きく異なるんでしょうか?」という司会者の質問に、「随分変わったと思いますよ」と兼崎が即答。「前回のチェーザレは、周りを振り回す役でしたけど、今回は自らが巻き込まれていく役なんです」と明かし、渡辺も「今回のジョヴァンニは結構策士なんですよ」と話した。

今回、初参加となる小野田は「初演はDVDで観たんですが、前回は弱いホアンと強いチェーザレという印象でしたけど、ボルジア家の人間はそんなに弱いわけがないんですよ(笑)。今回は違うホアン像を見せますよ」と意気込みを見せた。

『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』キャストトークイベント 兼崎健太郎&渡辺大輔ペアと小野田龍之介&齋藤ヤスカペアで対決

▲ 「裏切りゲーム」では、兼崎&渡辺ペアと小野田&齋藤ペアで対決。5人の観客が座っている1テーブルごとに1つの質問をなげかけ、該当者の数が少ない方が勝ちというルールだ。

拡大する

また、本公演では、劇場で観劇する「リアルチケット」を購入した人に、キャストが劇中の楽曲を歌ったCDがプレゼントされる。そのCDレコーディングの裏話も披露された。小野田は「スタジオに行った途端、キーが変わると聞いて“オーマイガー!”って感じでした。でも、僕、すごく優秀でしたよ(笑)。異例中の異例で1曲15分で終わったんです! こんなことないってレコーディングのディレクターさんも言っていました!」とコメント。それに対し、兼崎さんが「えっ!俺、『カンタレラ』に2時間かかったよ!」と発言し、会場は笑いに包まれた。

イベント後半は、観客も交えた「裏切りゲーム」や、「王様ゲーム」ならぬ「法王ゲーム」も行われ、終始にぎやかなムードでイベントは進行した。

最後に、兼崎から「今、素晴らしい役者たちと一緒に、毎日集中して、切磋琢磨しています。『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』では役者としてのできる限りのパフォーマンスをします。新しくなった『カンタレラ』へぜひお越しください」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

同じ記事の写真

  • 『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』キャストトークイベント 左から兼崎健太郎、齋藤ヤスカ、小野田龍之介、渡辺大輔
  • 『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』キャストトークイベント3 崎健太郎&渡辺大輔ペアと小野田龍之介&齋藤ヤスカペア
  • 『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』キャストトークイベント2 兼崎健太郎(左)&渡辺大輔
  • 『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』キャストトークイベント4 齋藤ヤスカ(左)と小野田龍之介

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4134