NODA・MAP『THE BEE』English Version & Japanese Version 合同製作発表会 - 2012年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『THE BEE』English Version & Japanese Version会見

▲ 左からグリン・プリチャード、キャサリン・ハンター、マルチェロ・マーニ、野田秀樹、池田成志、宮沢りえ、近藤良平

拡大する

2003年から英国人俳優との5度のワークショップを経て誕生し、06年にロンドンで初演された野田秀樹作品『THE BEE』。筒井康隆の小説「毟りあい」を題材にした本作は、人間の隠し持つ怒りや憎しみ、暴力による負の連鎖を描いたもの。野田が妻役を演じ、イギリス人女優キャサリン・ハンターがサラリーマン役を演じるほか、実験的な演出でも話題となり、翌年には、東京でロンドン版と新演出の日本語版が連続上演された。

そして今年、「9.11事件の10年後のNYで『THE BEE』を上演したい」という野田の強い思いから、ロンドン版(English Version)がNYを皮切りにロンドン、香港でのワールドツアーを行い、今月24日から、東京で凱旋公演を行う。また、4月からは日本人キャストによる日本語上演のJapanese Versionが、国内ツアーも敢行。2月22日、江戸東京博物館で両バージョンの合同記者会見が開かれた。会見には、English Versionのキャサリン・ハンター、グリン・プリチャード、マルチェロ・マーニ、Japanese Versionの宮沢りえ、池田成志、近藤良平、そして両公演に出演する野田秀樹が登壇した。

【ワールドツアーの手応えはいかがでしたか?】

NY、ロンドン、香港と反応はさまざまでしたが、共通の感想としては「Very Japaneseな芝居だね」と。6年前はあまりそういう声を聞かなくて、「いつまでももやもやする」という感想が多かったんです。“Very Japanese”がどういう意味かはキャサリンに聞いてみてください(笑)。(野田)

【“Very Japanese”とはどういう意味で言っていたと思いますか?】

“Very Japanese”というのは、あえて果敢に暗闇の中に自分たちで歩んで行くという意味があると思います。とても暴力的な作品ですが、イギリス人は暴力的ではないが、(日本を含む)ほかの文化はそうだということをコメントしていると言えるかもしれませんね(笑)。でも、実際には暴力はどこにでもあるものだと思います。(ハンター)

【ラストシーンの解釈と演出を変えたと聞きましたが?】

初演時に細かく作ったので、変える必要がないと思っていたのですが、キャサリンから「ラストはあいまいなまま終わった気がしていた」というコメントをもらって。最後のセンテンスと最後から2番目のセンテンスに間を置いて、そこに小さなことを起こす。そこに我々の一つの結論、「続いて行く」という解釈の変え方をしましたね。(野田)

【全国ツアーの意義と心境を教えてください】

20年前に僕も夢の遊眠社という劇団をやっていましたが、劇団は物理的にツアーをしやすいんですね。劇団をやめてから、いつか(全国を)回りたいという欲求があった。(いろいろな場所を回れば)どこかにいるお客さんの一言で、作品に「こういう意味もあるんだ」と発見があるかもしれない。本来芝居というのは、いろんなところでいろんな人と出会う喜びがあるはずだと思います。そういう意味ではすごく幸せな企画だと思っています。(野田)

インフォメーション

NODA・MAP番外公演
『THE BEE』

【スタッフ】原作=筒井康隆「毟りあい」より/共同脚本・演出=野田秀樹/共同脚本=コリン・ティーバン

ENGLISH Version WORLD TOUR

JAPANESE Version JAPAN TOUR
【キャスト】宮沢りえ/池田成志/近藤良平/野田秀樹

東京公演
2012年4月25日(水)〜5月20日(日)
・会場=水天宮ピット 大スタジオ
・一般前売=2月25日(土)開始
・料金=全席指定7,500円/サイドシート4,000円/25歳以下サイドシート2,000円
・お問い合わせ=NODA・MAP TEL.03-6802-6681

大阪公演
2012年5月25日(金)〜6月3日(日)
・会場=大阪ビジネスパークホテル 円形ホール
・一般前売=2月25日(土)開始
・料金=全席指定7,500円/サイドシート4,000円/25歳以下サイドシート2,000円
・お問い合わせ=NODA・MAP TEL.03-6802-6681

福岡公演
2012年6月7日(木)〜10日(日)
・会場=北九州芸術劇場 中劇場
・一般前売=2月25日(土)開始
・料金=全席指定7,500円/サイドシート4,000円/25歳以下サイドシート2,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.093-562-2655

長野公演
2012年6月15日(金)〜17日(日)
・会場=まつもと市民芸術館 実験劇場
・一般前売=2月25日(土)開始
・料金=全席指定7,500円/サイドシート4,000円/高校生割引シート1,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.0263-33-3800

静岡公演
2012年6月22日(金)〜24日(日)
・会場=SPAC 静岡芸術劇場
・一般前売=2月25日(土)開始
・料金=全席指定7,500円(特典付・限定数)/SPACシート4,000円
*その他、ペア、学生割引チケットあり。詳細はお問い合わせを
・お問い合わせ=SPAC—静岡県舞台芸術センター TEL.054-203-5730

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4140