人間国宝の歌舞伎俳優・中村雀右衛門さんが死去 - 2012年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

歌舞伎俳優で人間国宝の中村雀右衛門(なかむら・じゃくえもん、本名:青木清治=あおき・きよはる)さんが、23日、肺炎のため都内の病院で死去した。91歳だった。

東京都出身。六代目大谷友右衛門の長男として生まれ、1927年に大谷広太郎の名で初舞台を踏む。戦後女方に転じ、48年に七代目友右衛門を襲名した。

50年には「佐々木小次郎」に主演し映画デビュー。その後、5年間、映画スターとしても活躍した。55年からは歌舞伎界に戻り、64年に四代目雀右衛門を襲名。六代目中村歌右衛門、七代目尾上梅幸に次ぐ女方として、高い評価を受けた。

当たり役は、「三姫」と言われる『本朝廿四孝』の八重垣姫、『金閣寺』の雪姫、『鎌倉三代記』の時姫のほか、『助六』の揚巻、『京鹿子娘道成寺』の白拍子花子など。

84年に紫綬褒章を受章。91年に人間国宝に認定され、04年には文化勲章を受章する。日本藝術院会員、伝統歌舞伎保存会会長、日本俳優協会会長も務めた。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4142