「二代目市川亀治郎大博覧会」が4月28日より渋谷ヒカリエにて開催 - 2012年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

歌舞伎にとどまらず、テレビドラマや映画、現代演劇など、多彩な分野で活躍を続け、6月には四代目市川猿之助を襲名する市川亀治郎。そんな彼のすべてをさまざまな展示で表現する「二代目市川亀治郎大博覧会」が、4月にオープンする「渋谷ヒカリエ」の公式オープニングイベントとして開催される。

博覧会は、4つのテーマで構成。「市川亀治郎の軌跡」では、初舞台から現在まで、幼少時の思い出の品やゆかりの所蔵品、さまざまな出演作の写真パネルや台本、プライベートな所蔵資料で振り返る。

「市川亀治郎の宇宙」では、自身のコレクションから厳選した浮世絵をはじめ、愛蔵の陶磁器、自筆書画、舞台衣裳なども展示されるほか、仕掛けも見える舞台や楽屋も再現。さらには、原寸大の亀治郎フィギュアが「宙乗り」で展示される。

「市川亀治郎の肖像」では、さまざまな表情を5年間撮り続けてきた、アートディレクター・フォトグラファーの齋藤芳弘による作品を、巨大プリントやマルチスライド、屏風で展示する。

「亀治郎シアター」は、10年の国立劇場「第8回亀治郎の会」での『義経千本桜』川連法眼館の場(通称「四ノ切」)に密着した映像を上映。稽古から本番までの模様が、「欄間抜け」「階段返し」「宙乗り」といった仕掛けとともに収録されたドキュメンタリー・フィルムを、毎日、入れ替え制で上映する。

インフォメーション

四代目市川猿之助襲名記念
「二代目市川亀治郎大博覧会」

2012年4月28日(土)〜5月9日(水)
・会場=渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール
・時間=10:00〜21:00
・料金=一般1,200円/学生1,000円(中学生以上)/子ども600円
*未就学児童は無料
・お問い合わせ=ハローダイヤル TEL.03-5777-8600(8:00〜22:00)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4153