ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットら豪華キャストが出演 朗読劇『8』がYouTubeで生中継されることに - 2012年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

3月3日夜(日本時間の4日昼)、ロサンゼルスのウィルシアー・エベル劇場で上演される朗読劇『8』に、ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットら豪華キャストが出演。また、その模様がYouTubeを使って無料でライブストリーミングされ、日本でも視聴可能だ。

映画「ミルク」でアカデミー脚本賞を獲得したダスティン・ランス・ブラックが手掛ける同作は、同性結婚を禁じるカリフォルニア州憲法改正案「提案第8号(Proposition 8)」を題材にしたもので、この憲法の改正をめぐる訴訟の経緯が描かれる。

ジョージ・クルーニーが演じるのは、原告である同性婚カップルの弁護士デイヴィッド・ボイズ役。同じく原告側弁護士セオドア・B・オルソン役に、マーティン・シーン。原告の同性カップル役には、マシュー・モリソン&マシュー・ボマーと、クリスティン・ラーティ&ジェイミー・リー・カーティスが。また、提案第8号支持側の弁護士チャールズ・J・クーパー役に、ケヴィン・ベーコン。そしてブラッド・ピットが、改正案を違憲とし、同性結婚を認める判決を下したヴォン・R・ウォーカー裁判官に扮する。

そのほか、キャンベル・ブラウン、クリス・コルファー、ジェシー・タイラー・ファーガソン、ヴァネッサ・ガルシア、クリーヴ・ジョーンズ、ジェーン・リンチ、ロリー・オマリー、ジャンセン・パネッティーア、ジェイムズ・ピッケンズ・ジュニア、ジョン・C・ライリー、ヤードリー・スミス、ジョージ・タケイ、ブリッジャー・ザディナらが出演予定。

演出は、「ア・フュー・グッドメン」でオスカー候補に挙った映画監督ロブ・ライナーが担う。

公演は、現地時間の3月3日19:30(日本時間の4日12:30)よりプレ・ショーを開始し、19:45に開演。その収益は「平等権を求める全米基金(American Foundation for Equal Rights)」に寄付されるという。

【追記:2012/3/5】

公演の動画が公開中。
American Foundation for Equal Rights|YouTube

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4167