表参道「スパイラル」でダンス公演シリーズがスタート 第1弾には黒田育世が出演 振付は笠井叡 - 2012年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
黒田育世 PHOTO:塚田洋一

BATIK公演より PHOTO:塚田洋一

拡大する

東京・表参道の複合文化施設「スパイラル」が、同施設内の空間「アトリウム」を舞台としたダンス公演シリーズ「POWER OF ART DANCE SERIES」をスタートさせる。

カフェに隣接する「アトリウム」は、回廊のようなギャラリーに続いて、高さ16メートルの吹抜けのあるゆったりとした広さが特徴の空間。「POWER OF〜」は、この空間を舞台にアートのジャンルの一つとしての「ダンス」を、年1回のシリーズで紹介していくというものだ。

その第1弾として登場するのは、野田秀樹作品への振付提供や、映画「告白」への出演など、活躍の幅を広げている黒田育世。そして、振付を手掛けるのは、黒田が振付家として尊敬する笠井叡だ。

昨年の東日本大震災の体験を基に、日本という国の成り立ちやその長い歴史を振り返るパフォーマンスとなるようだ。

インフォメーション

POWER OF ART DANCE SERIES VOL.1
『うみの音(こえ)が見える日』

【スタッフ】演出・構成・振付=笠井叡
【キャスト】黒田育世 朗読=尾崎若菜/川上晶子/山口奈緒子 音楽=松本じろ

3月27日(火)・28日(水)
・会場=スパイラルガーデン
・チケット発売中
・料金=前売3,500円/当日4,000円
・お問い合わせ=スパイラル TEL.03-3498-1171

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4176