3月17日のNHK-Eテレ 演劇特集で行定勲が福原充則、高羽彩、蓬莱竜太の舞台を紹介 - 2012年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

NHK-Eテレでは、3月17日(土)に「小さな劇場の大きな冒険〜行定勲、現代演劇を見る〜」と題した演劇特集を放送する。

番組では、映画監督の行定勲がリポーターとなって、注目を集めるている劇団の舞台を紹介。「ベッド&メイキングス」の『墓場、女子高生』、「タカハ劇団」の『ブスサーカス』、そして、「モダンスイマーズ」の『ロマンサー』の3作品をハイライトシーンで紹介するほか、行定が、これらの舞台を手掛けた、福原充則、高羽彩、蓬莱竜太と対談。3.11以降の閉塞的な社会の中、若手の演劇人たちが何に関心を持ち、どう見つめ描こうとしているのかを探る。

放送は、3月17日(土)15:15〜16:45。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4194