「シルク・ドゥ・ソレイユ」専用劇場の新名称は「舞浜アンフィシアター」に 多目的ホールとして今秋再スタート - 2012年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

株式会社オリエンタルランドは、14日、東京ディズニーリゾート内の旧「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」の名称を、「舞浜アンフィシアター」とすることを発表した。

「アンフィシアター」は、半円形のステージと階段状(すりばち状)の客席を持つ劇場のこと。企業や学校の式典、講演会のほか、国内外のアーティストによる音楽ライブなど、幅広い用途で利用できる多目的ホールとなる。

運用は、今秋より開始予定。

同劇場は、日本初の「シルク・ドゥ・ソレイユ」の専用劇場として08年10月にオープン。公演は、昨年12月31日で終了していた。

過去の関連記事

» 2011/7/25|シルク・ドゥ・ソレイユ『ZED』年内で公演終了へ

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4202