米倉涼子がブロードウェイで上演中のミュージカル『CHICAGO』で主演 - 2012年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

米倉涼子が、ブロードウェイで上演中のミュージカル『CHICAGO』に出演することが決定した。

日本人女優がブロードウェイで主演を務めるのは、58年の『フラワー・ドラム・ソング』に出演したナンシー梅木以来、54年ぶり。男優では、松本幸四郎(当時 市川染五郎)が、70年に『ラ・マンチャの男』で主役を演じている。

75年に初演された本作。米倉が出演するのは、96年に開幕したリバイバル版で、現在まで6,000回以上の上演が重ねられているロングラン公演だ。今回は、7月中の1週間、ロキシー・ハート役を務めることになる。

米倉は、08年の赤坂ACTシアター公演で同役に初挑戦。10年の再演で、ブロードウェイ・キャストのアムラ・フェイ・ライトと共演したのち、英語やダンスなどさまざまな課題をこなし、現地のスタッフからのGOサインを勝ち取ったという。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4206