宇野亞喜良×今井寿(BUCK-TICK)×Studio Life 泉鏡花『天守物語』を6月に上演 - 2012年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
Studio Life『天守物語』チラシ

拡大する

Studio Lifeの次回公演では、泉鏡花の『天守物語』を上演する。

昨年、ロンドンで『レ・ミゼラブル』の舞台映像を手掛けるマット・キンリーを迎えた『PHANTOM〜語られざりし物語〜』や、イラストレーターの宇野亞喜良を迎えた『夏の夜の夢』『十二夜』など、新たな試みに取り組んできたStudio Life。

そして今回で、同劇団でこの十数年で試みられなかった「和」テイストの作品『天守物語』に挑戦する。美術・衣裳は、『夏の夜の夢』『十二夜』に続き、宇野亞喜良とのタッグ。さらに、テーマ曲を、ロックバンド「BUCK-TICK」の今井寿が担当する。

多くの人びとが持つ泉鏡花作品のイメージとは違う、新たな『天守物語』の世界を目指す。

インフォメーション


関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4210