長塚圭史×河原雅彦×星野源 パルコ・プロデュース公演『テキサス』が開幕 - 2012年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『テキサス』開幕1

拡大する

『テキサス』開幕2

拡大する

長塚圭史作、河原雅彦演出の舞台『テキサス』が、PARCO劇場にて17日に開幕した。

本作は、01年に「HIGHLEG without JESUS/長塚JESUS」と銘打ち、長塚による作・演出、そして、河原率いる「HIGHLEG JESUS」の俳優陣総出演で上演された舞台。今回、主演にミュージシャンや文筆家などとして、多彩な活躍を見せている星野源を迎え、11年ぶりに再演される。

東京から遠く離れた田舎町。遠藤マサルは、6年ぶりに実家へ帰ってきた。しかし、姉や友人であるはずの人びとの顔は、見たこともない顔ばかり。なぜか、村では、半年前に東京から来た整形外科医・比呂島の影響で、美容整形が流行しているという……。

星野のほか、顔をそろえたのは、木南晴夏、野波麻帆、岡田義徳、高橋和也、松澤一之など個性派たち。切なく哀しいバイオレンス・エンターテインメントが、河原の手により再びよみがえる。

長塚圭史(作)
11年前のあの『テキサス』が幕を開けるというのがいまだに信じられません。大掛かりなウソなんじゃないかとも思うのです。本当だとすると、河原さんの手によってあのウソみたいな荒唐無稽が炸裂してくれるのではないかと。楽しみです。

河原雅彦(演出)
荒々しい青春時代に長塚圭史君とコラボしたこの思い入れ深い作品を、魅力的なキャスト陣とともにさらに荒々しく再演することができて感無量であります。のほほんとした日本のどこかの片田舎が舞台なのに、全編漂うヒリヒリとした危険な空気は、まごうことなきウエスタン風味。「2012年版NEWテキサス」今回もかなーりキテます。乞うご期待!

星野源
ものすごく奇妙なお話ですが、何も考えずに楽しんでいただけると思います。笑ったり怖がったり面白く過ごしていただければ幸いです。2時間出ずっぱりなので、うんこ漏らさないかだけが心配です。

この記事の写真

  • 『テキサス』開幕1
  • 『テキサス』開幕2
  • 『テキサス』開幕3
  • 『テキサス』開幕4

インフォメーション

東京公演


大阪公演
2012年4月14日(土)・15日(日)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
・料金=S席7,000円/A席5,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4212