韓国ドラマ「ドリームハイ」が松下優也、水田航生らの出演でミュージカル化 - 2012年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
上段左から丞威、松下優也、水田航生 下段左からサントス・アンナ、NANAKA(BRIGHT)、川上ジュリア(JURIAN BEAT CRISIS)

▲ 上段左から丞威、松下優也、水田航生、下段左からサントス・アンナ、NANAKA(BRIGHT)、川上ジュリア(JURIAN BEAT CRISIS)

拡大する

韓国の人気テレビドラマ「ドリームハイ」がミュージカル化。7月に新国立劇場にて上演される。

原作は、11年1月に韓国で放送されたテレビドラマ。日本の韓流ブームの火付け役、ペ・ヨンジュンと、Rainや「2PM」を手掛けたJ.Y.Parkが、共同でプロデュースを務めたことで注目を集め、ペ・ヨンジュン自らもドラマに出演し話題に。そして、「2PM」「miss A」「T-ARA」など、日本でも人気のK-POPアイドルたちが出演し、レベルの高いダンスや歌を披露し大きな人気を博した。日本では、同年7月にTBSにて放送されている。

舞台は「キリン芸能高校」。実は天才的な音楽の素養を持つ田舎者のサムドン、ダンスへの情熱を持つグク、天才声楽少女ヘミら、未来のスターを夢見る若者たちが、互いにライバルとして刺激しあい、挫折や嫉妬、葛藤を繰り返しながら成長していく姿を描いた青春群像劇だ。

キャストには、松下優也(ソン・サムドン役)、水田航生(チン・グク役)、丞威(ジェイソン役)、NANAKA([BRIGHT]コ・ヘミ役)など、多彩なメンバーが集結。葛木英による脚本、増田哲治(TETSTUHARU)による演出・振付のもと、愛と友情の青春ストーリーを送る。

松下優也
僕にとって久しぶりの舞台出演になります。歌手になりたいと思った小6のころから偶然にも共演者のNANAKAと同じ音楽スクールに通い、中学は部活も入らず毎日スクールに行って歌やダンスばかりやっていました。スクールでは年齢はバラバラだったけど、音楽好きな仲間に出会えたから歌手になるという夢を諦めずに叶えられたんだと思います。
だから『ドリームハイ』はすごく共感することができたし、あらためて大人になっても夢を追いかける大切さに気付かせてもらえました。ひとりでも多くの人に夢や希望を持ってもらえるような作品になるよう精一杯頑張ります。

水田航生
チン・グク役を演じさせていただくことになり、プレッシャーを抱くとともに、自分にとって大きな挑戦になると強く感じています。葛藤を抱えつつも夢に向かって駆け上がる素晴らしさを、そして舞台ならではの肌で感じるパワーを伝えられるよう、グクとして躍動したいと思います。

インフォメーション

ミュージカル『ドリームハイ』

【スタッフ】原作=韓国KBSドラマ「ドリームハイ」 脚本=葛木英 演出・振付=増田哲治(TETSTUHARU) 音楽=かみむら周平
【キャスト】松下優也/水田航生/丞威/NANAKA(BRIGHT)/川上ジュリア(JURIAN BEAT CRISIS)/サントス・アンナ/土屋裕一(*pnish*)/NANA(MAX)

2012年7月3日(火)〜20日(金)
・会場=新国立劇場 中劇場
・一般前売=5月27日(日)開始
・料金=全席指定S席6,500円/A席5,500円
・チケットについてのお問い合わせ=サンライズプロモーション東京 TEL.0570-00-3337(10:00〜19:00)
・公演についてのお問い合わせ=ネルケプランニング TEL.03-3715-5624(平日11:00〜18:00)

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4217