劇団四季の俳優による日本語吹替も収録 映画「オペラ座の怪人」Blu-ray コレクターズ・エディションが4月27日に発売 - 2012年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

04年に公開された、ジョエル・シュマッカー監督の映画「オペラ座の怪人」のBlu-ray コレクターズ・エディションが、4月27日(金)に発売される。

本編の日本語吹き替えには、高井治(ファントム役)、沼尾みゆき(クリスティーヌ役)ら、「劇団四季」の面々による音声を収録。この音声は、10年に日本テレビ系「金曜ロードショー」で放送されたものだ(一部、放送でカットされた部分は、オリジナルの英語音声と日本語字幕で対応)。

特典ディスクには、映画版制作の舞台裏を追ったドキュメンタリー「ビハインド・ザ・マスク」や、サラ・ブライトマンが歌う「オペラ座の怪人」などの映像特典を収録予定。また、封入特典として、32ページのフォトブックが同梱されている。

過去の関連記事

» 2010/10/22|12月17日の「金曜ロードショー」で劇団四季オールキャストによる映画「オペラ座の怪人」日本語吹き替え版を放送

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4271