上川隆也&吉川晃司W主演 手塚治虫原作の舞台『陽だまりの樹』が開幕 - 2012年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『陽だまりの樹』開幕1 伊武谷万ニ郎役・吉川晃司(左)と手塚良庵役・上川隆也

▲ 伊武谷万ニ郎役・吉川晃司(左)と手塚良庵役・上川隆也

拡大する

上川隆也(左)と吉川晃司

▲ 上川隆也(左)と吉川晃司

拡大する

上川隆也と吉川晃司がW主演を務める舞台『陽だまりの樹』が、13日、サンシャイン劇場にて開幕した。

原作は、81年から86年まで小学館「ビッグコミック」に連載された、手塚治虫の代表作の一つ。これまでにも日本各地の地元劇団により舞台化され、00年にはテレビアニメ化もされている。

脚本・演出を務めるのは、劇団「方南ぐみ」の樫田正剛。上川が演じるのは、医者の手塚良庵。良庵は実在の人物であり、手塚治虫の曽祖父にあたる。そして、吉川は、武士の伊武谷万ニ郎に扮する。対照的な性格の2人が、絆を深めながら、それぞれの立場で混乱の時代を生き抜く友情物語が描かれる。

初日を前にした、上川と吉川のコメントは以下の通り。

上川隆也
ようやく初日を迎えることができました。幕末の話ですが、激動の時代の中を生きる人びとの姿は、今ご覧になっていただくとそれぞれ感じるものがあると思います。明るくて助平ですが、どこまでもまっすぐな男、手塚良庵を“好漢”と思っていただけるよう、最後真っすぐ演じたいです。どうぞ最後までお楽しみください。

吉川晃司
幕末の話とはいえ、今とシンクロする部分が大きい。民衆をおろそかにした政治に牛耳られ、舵取りが利かないことに民は気付かない。今こそ「平成維新」が必要だということをお客さんと一緒に考えたい。僕は無骨で真っすぐで融通が利かない男になりきりたい。

インフォメーション


大阪公演
2012年5月4日(金・祝)〜20日(日)
・会場=新歌舞伎座
・一般前売=1月28日(土)開始
・料金=全席指定S席(1・2階)10,000円/2階A席7,000円/3階A席5,000円/3階B席3,000円/特別席12,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.06-7730-2121

愛知公演
2012年5月24日(木)〜27日(日)
・会場=中日劇場
・一般前売=3月26日(月)予定
・料金=全席指定S席10,000円/A席8,000円/B席6,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.052-263-7171

過去の関連記事

» 2012/1/20|吉川晃司&上川隆也がW主演で手塚治虫作品の舞台化に挑戦 舞台『陽だまりの樹』製作発表会
» 2011/12/1|上川隆也&吉川晃司主演で手塚治虫の「陽だまりの樹」を舞台化

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4285