2012年ローレンス・オリヴィエ賞が決定 - 2012年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
2012年ローレンス・オリヴィエ賞が決定1 最優秀プレイ賞『コラボレーターズ』PHOTO=JOHAN PERSSON

▲ 最優秀プレイ賞『コラボレーターズ』
PHOTO=JOHAN PERSSON

拡大する

2012年ローレンス・オリヴィエ賞が決定2 最優秀新作ミュージカル賞『マチルダ』PHOTO=MANUEL HARLAN

▲ 最優秀新作ミュージカル賞『マチルダ』
PHOTO=MANUEL HARLAN

拡大する

ロンドン演劇界で最も権威のある賞、ローレンス・オリヴィエ賞。その2012年の受賞者・受賞作が、15日、ロンドン市内にあるロイヤル・オペラ・ハウスで発表された。

プレイ部門では、ナショナル・シアター(NT)制作のダーク・コメディー『コラボレーターズ』が作品賞を獲得。1938年のモスクワを舞台に、反体制派で知られる劇作家ブルガーコフがスターリンの誕生日を祝うための芝居を書くことになって……という物語で、アレックス・ジェニングスとサイモン・ラッセル・ビールという二大俳優が、ブルガーコフとスターリンにそれぞれ扮し熱演を繰り広げた。同じく、NTが制作したダニー・ボイル演出の『フランケンシュタイン』では、生命の謎を解き明かそうとする科学者と彼が作った人造人間を各回役替わりで演じた、ベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが主演男優賞に。

ミュージカル部門では、ロアルド・ダール作の児童書をもとにした、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー制作の『マチルダ』が作品賞を含む7冠を達成。頭脳明晰な少女マチルダの活躍を描く同作で、タイトルロールを回替わりで演じる4人の小さな女優たちがそろって主演女優賞を獲得し、話題をさらった。

詳細は、6月2日発売のシアターガイド7月号に掲載予定。

インフォメーション

【2012年ローレンス・オリヴィエ賞受賞リスト】(主要部門)

プレイ部門
・最優秀プレイ賞
『コラボレーターズ』(作=ジョン・ホッジ)
・最優秀リバイバル賞
『アンナ・クリスティ』(作=ユージーン・オニール)
・最優秀主演男優賞
ベネディクト・カンバーバッチ&ジョニー・リー・ミラー(『フランケンシュタイン』)
・最優秀主演女優賞
ルース・ウィルソン(『アンナ・クリスティ』)
・最優秀助演俳優賞
シェリダン・スミス(『炎の道』)

ミュージカル部門
・最優秀新作ミュージカル賞
『マチルダ』(原作=ロアルド・ダール/脚本=デニス・ケリー/作詞作曲=ティム・ミンチン)
・最優秀ミュージカル賞
『クレイジー・フォー・ユー』
・最優秀主演男優賞
バーティー・カーヴェル(『マチルダ』)
・最優秀主演女優賞
ソフィア・キーリー&エレノア・ワーシントン・コックス&クレオ・デメトリュー&ケリー・イングラム(『マチルダ』)
・最優秀助演俳優賞
ナイジェル・ハーマン(『シュレック』)

両カテゴリーに属する主な賞
・最優秀演出家賞
マシュー・ウォーカス(『マチルダ』)
・最優秀振付賞
ピーター・ダーリン(『マチルダ』)
・最優秀照明賞
『フランケンシュタイン』(デザイン=ブルーノ・ポエット)
・最優秀装置賞
『マチルダ』(デザイン=ロブ・ハウエル)
・最優秀衣裳賞
『クレイジー・フォー・ユー』(デザイン=ピーター・マッキントッシュ)
・最優秀音響賞
『マチルダ』(デザイン=サイモン・ベイカー)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4288