宝塚歌劇団雪組トップスターの音月桂が退団 サヨナラ公演で『JIN−仁−』を舞台化 - 2012年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、23日、雪組トップスターの音月桂が、12年12月24日(月・祝)のグランステージ『JIN−仁−』、ショー・ファンタジー『GOLD SPARK!−この一瞬を永遠に−』東京宝塚劇場千秋楽をもって退団することを発表。24日に、大阪市内のホテルで会見を行った。

音月は「入団致しましてから15年間、本当にたくさんの方に巡り会い、大きな愛で支えていただいて今日まで来ることができました」とあいさつ。退団の理由については「充実している今だからこそ、“男役・音月桂”にピリオドを打ちたいと思い決意しました」と話した。

印象に残っている作品・役については「『エリザベート』のルキーニ役は、私が客席で公演を観た時に衝撃を受けた役の一つでしたので、演じることができたときは幸せでした」と答え、歌劇団へ入団してからの15年間を「下級生のころから上級生の背中を見て、より男性らしい男役を追求してきました」と振り返った。

そして、ファンに対して「いつも大きな愛で包んでくださり、そして、背中を押していただき、感謝の言葉を言い切れないほどの気持ちでいっぱいです」と語った。

サヨナラ公演『JIN−仁−』『GOLD SPARK!』は、宝塚大劇場にて10月12日(金)から11月12日(月)まで、東京宝塚劇場にて11月23日(金・祝)から12月24日(月・祝)まで。

『JIN−仁−』は、村上もとかによる同名コミックの舞台化。原作は、シリーズ累計で800万部を売り上げ、11年には「第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞するなど高い評価を受けている。また、大沢たかお主演によるテレビドラマ版もヒット作となった。

今回の宝塚版では、主人公・南方仁と橘咲の時空を超えた純愛、そして、坂本龍馬との友情を中心に、命の尊さを訴えるヒューマンドラマとなるという。

インフォメーション

【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】

雪組
グランステージ『JIN−仁−』
ショー・ファンタジー『GOLD SPARK!−この一瞬を永遠に−』

【スタッフ】『JIN』原作=村上もとか/集英社 脚本・演出=齋藤吉正 『GOLD〜』作・演出=中村暁
【キャスト】音月桂/舞羽美海 ほか

宝塚大劇場公演
2012年10月12日(金)〜11月12日(月)
・一般前売=9月1日(土)開始

東京宝塚劇場公演
2012年11月23日(金・祝)〜12月24日(月・祝)
・一般前売=10月21日(日)

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4316