丸山隆平&平愛梨&片桐仁の三人芝居 西田征史作・演出『BOB』が開幕 - 2012年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『BOB』開幕1 平愛梨

▲ 平愛梨

拡大する

『BOB』開幕2 片桐仁

▲ 片桐仁

拡大する

『BOB』開幕3 左から西田征史(作・演出)、平愛梨、片桐仁

▲ 左から西田征史(作・演出)、平愛梨、片桐仁

拡大する

このほかの写真も見る

関ジャニ∞の丸山隆平が、今年は三人芝居に挑戦。27日に、東京グローブ座にて舞台『BOB』が開幕した。同日の初日公演を前に、舞台の一部が公開された。

共演は、映画「20世紀少年」で注目を集め、今回が初舞台となる若手女優の平愛梨。そして、「ラーメンズ」の片桐仁。作・演出を務めるのは、テレビドラマ「妖怪人間ベム」「怪物くん」、テレビアニメ「TIGER&BUNNY」の脚本を手掛けるなど、ドラマ・映画・舞台と幅広いジャンルで活躍する西田征史だ。

結婚5年目を迎える、お笑い芸人の田畑春彦(丸山)とその妻・夏美(平)。かつては他人の目を気にせずイチャつき、周りがあきれるほどの“バカップル”だったが、今の彼らは些細なことで衝突ばかり。離婚寸前の状態で、春彦の友人・健太(片桐)にも心配されている。そんな折、夏美は交通事故に遭ってしまい記憶喪失に。春彦の前に、バカップル時代の夏美が姿を現した……。しかし、これは劇中劇で、その後の場面では、作家(片桐)とその担当編集者(丸山と平)に役柄が変わる。三人芝居の舞台だが、それぞれに一人二役を担当。6人の登場人物が繰り広げる人間ドラマとなっている。

劇場で行われた会見で、丸山は「ここまでやることはやってきたので、後は本番を迎えるのみです。楽しんでやっていきたいなと思っています」「前半に仕掛けた前フリを後半できっちり回収しますので、皆さんは“劇場に来るのが遅れて前半観られなかった!”とかないように、スケジュールをちゃんと確保して、最初から最後まできっちり観てほしいですね」とアピールした。

「稽古場では、丸山くんがみんなを引っ張ってくれてますよ」と話す片桐に、丸山は、「いや、僕は空気しか作ってないですけどね(笑)。その後は、皆さんが締めてくれてるので、お互いに補い合いながらっていう感じですかね」と答えた。また「(作・演出の西田も含めて)もう、4人芝居みたいなもんですよ」とチームワークはできあがっているようだ。

初舞台となる平は、「初めての挑戦がこの作品で本当に恵まれてるなと思います」と述べ、丸山に対しては「すごく頼りになります。笑わせてくれる人で、無人島に連れて行くならこの人じゃないかって。絶対面白いと思います」と話した。すると、丸山は「こんなに面白いって言ってくれる人、メンバーの大倉以外にいなかったんですよ!(一同笑)ありがたいですね(笑)」うれしそうにガッツポーズする場面も。

劇中では丸山と平は夫婦役を演じる。丸山は「この舞台を観たら、いろんな恋愛観とか結婚観があって、それぞれに考え直すこともあるかもしれませんね。自分でも“こういう時はどうするんだろうな?”なんて考えながら演じてますね」、片桐は「僕は、丸山くんと同級生で独身という役ですけど、実際は10歳年上だし、結婚もして子どももいる。未婚の立場から“結婚はこういう風に見えるんだな”って感じながら演じてます。皆さん、それぞれに自分を投影して見られるんじゃないですかね」と舞台の見どころを語った。

この記事の写真

  • 『BOB』開幕1 平愛梨
  • 『BOB』開幕2 片桐仁
  • 『BOB』開幕3 片桐仁(左)と平愛梨
  • 『BOB』開幕4 平愛梨(左)と片桐仁
  • 『BOB』開幕5 左から西田征史(作・演出)、平愛梨、片桐仁

インフォメーション


大阪公演
2012年5月24日(木)〜29日(火)
・会場=サンケイホールブリーゼ

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4331