ブルースカイ脚本×大堀こういち演出×佐藤永典主演 舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』が開幕 - 2012年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』開幕1

拡大する

舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』開幕2

拡大する

このほかの写真も見る

ブルースカイが脚本を執筆し、大堀こういちが初の演出に挑戦した舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』が、8日、博品館劇場にて開幕した。

モンタギュー家の一人息子ロミオは、読書感想文を提出するためにロレンス神父から渡されていた『ハムレット』の本を落としてしまう。その本を拾ってくれたのが、キャピュレット家の美しい娘ジュリエット。一目で恋に落ちたロミオは、“なんとなく脈ありな気がする今のうちに”と、ジュリエットを口説き始めると、彼女から「どんな物語なのか教えてくださいませんか」と頼まれる。内容がうろ覚えだとも言いだせないロミオは、ひどく勝手な創作を加えた『ハムレット』を語り始めて……。

シェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』と『ハムレット』が、一つの世界で展開する本作。「誰にでも分かるシェイクスピア。誰にでも笑えるシェイクスピア。誰にでも悲しいシェイクスピア」を目指す。

ロミオとハムレットの2役で主演を務めるのは、若手俳優の佐藤永典。そのほか、ジュリエット役の堀越のりをはじめ、中村龍介、岩崎大、小林顕作、今奈良孝行、若手お笑いコンビ「うしろシティ」の金子学&阿諏訪泰義といった個性豊かな顔ぶれがそろう。

佐藤永典
『ロミオとジュリエット』そして『ハムレット』、この2つ(の物語)を分かりやすく、楽しく、おかしく、そして、むちゃくちゃ真剣に皆さんにお届けしたいと思います。ぜひ楽しんで帰ってください。生きるべきか死ぬべきか、その後は……。

この記事の写真

  • 舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』開幕1
  • 舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』開幕2
  • 舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』開幕3
  • 舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』開幕4
  • 舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』開幕5

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4351