木根尚登の小説「ユンカース・カム・ヒア」を朗読劇として上演 - 2012年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ミュージシャンの木根尚登が執筆した小説「ユンカース・カム・ヒア」が、朗読劇として上演される。

原作小説は、小室哲哉、宇都宮隆とともに「TM NETWORK」のメンバーとしてデビューし、ミュージシャンとして活躍する木根が、90年に発表したもの。人間の言葉をしゃべることができる不思議な力を持った犬、ユンカースを主人公としたファンタジー作品で、今回の朗読劇では、高校生の少女・麻生瞳との出会いから巻き起こる涙と笑いのストーリーがつづられる。

ユンカースのモデルとなったのは、執筆当時に小室が飼っていたシュナウザー犬。木根は「ユンカースは2005年17歳でその生涯を閉じた」「そのユンカースが朗読劇になる。このことを誰よりもユンカースが一番喜んでいるに違いない」とコメントしている。

ユンカース役は、青木玄徳&藤田玲、瞳役は中島早貴(℃-ute)&仙石みなみ(アップアップガールズ(仮))のWキャスト。さらに、瞳の父親・秀一郎として木根自身が登場するほか、白羽ゆり、コタニキンヤ.が顔をそろえる。

インフォメーション

朗読劇『ユンカース・カム・ヒア〜しゃべる犬と小さなキセキの物語〜』

【スタッフ】原作=木根尚登(TM NETWORK) 脚本=小林弘利 演出=滝井サトル
【キャスト】青木玄徳、藤田玲/中島早貴(℃-ute)、仙石みなみ(アップアップガールズ(仮))/木根尚登/白羽ゆり/コタニキンヤ. *一部Wキャスト

2012年7月3日(火)〜8日(日)
・会場=ル テアトル銀座 by PARCO
・一般前売=6月1日(金)開始
・料金=全席指定5,800円
・お問い合わせ=NoH-Ra TEL.03-6272-6377(平日13:00〜18:00)

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4370