日本古来のマジック「手妻」と演劇をミックス 蒔田光治×河原雅彦×筧利夫『飛び加藤』稽古場会見 - 2012年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『飛び加藤』会見1 左から河原雅彦(演出)、細田よしひこ、佐津川愛美、筧利夫、涼風真世、三上市朗、藤山新太郎(手妻指導・特別出演)

▲ 左から河原雅彦(演出)、細田よしひこ、佐津川愛美、筧利夫、涼風真世、三上市朗、藤山新太郎(手妻指導・特別出演)

拡大する

『飛び加藤』会見2 筧利夫「相生茶碗」

▲ 筧利夫が手妻「相生茶碗」を披露

拡大する

このほかの写真も見る

テレビドラマ「TRICK」などを手掛ける蒔田光治を迎え、河原雅彦(演出)、筧利夫(主演)という顔合わせで送る舞台『飛び加藤〜幻惑使いの不惑の忍者〜』の記者会見が、16日に都内の稽古場にて行われた。

“飛び加藤”とは、卓越した能力から“飛び(鳶)加藤”と称された、戦国時代の忍者・加藤段蔵のこと。本作は、筧扮するこの加藤段蔵を主人公に、「人魚姫」をモチーフとしたストーリーが展開。さらには、日本古来の伝統的奇術・手品で、忍術にも利用されたという「手妻(てづま)」をミックスした異色作だ。

河原雅彦(演出)
筧さんをはじめとした魅力的なキャストの方々に加えて、手妻という古典の粋なマジックを伝える藤山先生にも参加していただきました。殺陣や人間ドラマも盛り込まれていて、どんな世代のお客さまにも楽しんでいただけて、これまでにないようなエンターテインメントの形になるんじゃないかと思っております。

筧利夫 加藤段蔵役
ダンスや殺陣がある芝居には何度も出演してきましたが、マジックがある芝居は初めてです。このマジックがどのようにお芝居に融合されて、皆さまにどのような驚きと喜びを与えられるのか、非常にワクワクドキドキしております。私個人の見どころとしては、3人の女性キャストのうちのどなたかとキスをするかもしれないということで、久しぶりに舌なめずりするような役柄に燃えております(笑)。

佐津川愛美 楓役
いろいろな要素が盛り込まれた、エンターテインメント性の高いお芝居は初めてです。芝居以外にもたくさんやることがあって「自分は大丈夫なのかな?」と思っていたんですけど、その不安をなくすため、自分の気持ちを鍛えるためにも稽古に打ち込んでいます。

細田よしひこ 河田長親役
佐津川さん演じる楓が3年間探し続けるという男性なので、とにかくカッコよく演じたいなと思います。

三上市朗 服部与三郎役
舞台や映像で殺陣をやることはありましたが、これまでは侍や浪人で、この年になってやっと忍者を演じられるということでとてもワクワクしています。ちゃんと身体づくりをして皆さんといっしょに楽しい舞台をつくっていきたいと思います。

藤山新太郎(手妻指導・特別出演)
マジック、手品のことを、江戸時代では手妻と呼んでおりました。手を稲妻のように素早く動かすから手妻と言うようです。加藤段蔵さんは、この手妻の原点となった方です。現代のマジックとは、内容が違いますが、今に生かされている基本的な作品が非常に多くございます。決して物が消え去ることなく、何千年もつながって残っているところが日本の歴史の面白いところでございます。
そんな加藤段蔵さんのお芝居に、まさか自分が出ることになるとは思ってもいませんでした。出番はちょっとだと思っていたら、だいぶせりふがありまして、今も四苦八苦している最中でございます(笑)。ひたすら無事に務めるように専念したいと思います。

涼風真世 桔梗(妖術使い)役
筧さんを中心に本当にいろいろなジャンルの皆さんと共演できることを楽しみにしております。河原さんワールドの中で自分がどんな妖術使いを演じられるのか、稽古場で試行錯誤している段階です。久々のストレートプレイなので、自分の持っている物をすべて出しきって妖術使いのお婆さんになりきり、桔梗という役を演じていきたいと思っています。

会見では、実際に手妻を披露。筧は、手ぬぐいを乗せた二つのグラスを扇子だけで持ち上げる「相生茶碗(あいおいぢゃわん)」を、藤山は、固くひもで結びつけた親指の間を物がすり抜けてしまう「柱抜き(はしらぬき)」を実演してみせた。

この記事の写真

  • 『飛び加藤』会見1 左から河原雅彦(演出)、細田よしひこ、佐津川愛美、筧利夫、涼風真世、三上市朗、藤山新太郎(手妻指導・特別出演)
  • 『飛び加藤』会見2 河原雅彦
  • 『飛び加藤』会見3 筧利夫
  • 『飛び加藤』会見4 佐津川愛美
  • 『飛び加藤』会見5 細田よしひこ
  • 『飛び加藤』会見6 三上市朗
  • 『飛び加藤』会見7 藤山新太郎(手妻指導・特別出演)
  • 『飛び加藤』会見8 涼風真世
  • 『飛び加藤』会見9 筧利夫による手妻「相生茶碗(あいおいぢゃわん)」
  • 『飛び加藤』会見10a 藤山新太郎(手妻指導・特別出演)「柱抜き(はしらぬき)」

インフォメーション

『飛び加藤〜幻惑使いの不惑の忍者〜』

【スタッフ】原案用台本=蒔田光治 上演用台本=鈴木哲也 演出=河原雅彦
【キャスト】筧利夫/佐津川愛美/細田よしひこ/三上市朗/藤山新太郎(特別出演)/涼風真世 ほか

東京公演
2012年6月10日(日)〜26日(火)
・会場=シアタークリエ
・一般前売=4月7日(土)開始
・料金=全席指定8,800円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3591-2400

大阪公演
2012年6月30日(土)・7月1日(日)
・会場=イオン化粧品 シアターBRAVA!

石川公演
2012年7月3日(火)
・会場=北國新聞赤羽ホール

福岡公演
2012年7月10日(火)
・会場=福岡市民会館

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4375