新たなコンセプトで再起動 「利賀演劇人コンクール2012」が参加者を募集中 - 2012年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

富山県利賀芸術公園で7・8月に開催される、「利賀演劇人コンクール2012」が、現在、参加者を募集中だ。

これまで、同コンクールでは、ペーター・ゲスナーや神里雄大、三浦基といった数々の才能を輩出、支援を行なってきたが、今年は「地域を越え、国際的に活躍できる演出家の発掘と養成」をコンセプトに新たなスタートを切るという。

対象は演出家とし(俳優・スタッフの仕事に対しては奨励賞として表彰)、受賞者に対しては2〜3年間の期間で、利賀芸術公園での滞在制作や、平田オリザ、宮城聰、中島諒人が芸術監督・代表を勤める劇場・演劇祭での上演機会の提供など、さまざまな支援を継続的に行なっていくという。

審査員には、平田オリザ(青年団)、宮城聰(静岡県舞台芸術センター芸術総監督)、関美能留(三条会)、小澤英実(東京学芸大学准教授)、石川直樹(写真家)、古澤健(映画監督)らが名を連ねる。

応募者は、『しあわせな日々(第2幕)』(サミュエル・ベケット)、『熊野』(三島由紀夫)、『マクベス』(シェイクスピア)、『三人姉妹』(チェーホフ)、『胎内』(三好十郎)の中から1作品を選択し、演出・構成を行う。そのほか詳細は公式サイトを参照。応募締め切りは、5月31日(木)当日消印有効。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4387