龍真咲&愛希れいかも登壇 フランス版『ロミオ&ジュリエット〜ヴェローナの子どもたち〜』イベントが大阪で開催 - 2012年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
フランス版『ロミオ&ジュリエット』大阪イベント 左から愛希れいか、龍真咲、シリル・ニコライ、ジョイ・エステール

▲ 左から愛希れいか、龍真咲、シリル・ニコライ、ジョイ・エステール

拡大する

撮影:岸隆子

今秋、来日公演が行われるミュージカル『ロミオ&ジュリエット〜ヴェローナの子どもたち〜』の来日イベントが、東京に続き、23日に、梅田芸術劇場メインホールにて行われた。

イベントでは、シリル・ニコライ(ロミオ役)&ジョイ・エステール(ジュリエット役)の主演コンビとともに、6〜9月に同作を翻訳上演する宝塚歌劇団月組の新トップコンビ、龍真咲&愛希れいかも登壇した。

シリル・ニコライ ロミオ役
日本で『ロミオ&ジュリエット』の公演ができることがとても楽しみです。この素晴らしい劇場でロミオを演じられること、また、インスピレーションを与えてくれるジュリエットに出会えたことを嬉しく思います。

ジョイ・エステール ジュリエット役
06年にロミオ役のシリルに薦められてオーディションを受け、今回ロミオとジュリエットとして演じられることが運命のように感じます。私自身の経験からインスピレーションを受け、日本でも演じたいと思います。

龍真咲
フランス版のエネルギッシュでパワーのあるパフォーマンスに感動しました。役作りをするにあたり、今日感じた人間的な部分や、躍動的な部分、少年らしいやんちゃさもプラスしていきたいと思います。

愛希れいか
皆さまのパフォーマンスを拝見して、世界中で愛されている『ロミオとジュリエット』という作品でジュリエットを演じることをあらためてうれしく思うとともに、身が引き締まる思いです。この気持ちを忘れず、全身全霊で取り組んでいきたいと思います。

インフォメーション

フランス版
ミュージカル『ロミオ&ジュリエット〜ヴェローナの子どもたち〜』

【スタッフ】原作=W.シェイクスピア 作・音楽=ジェラール・プレスギュルヴィック
【キャスト】シリル・ニコライ/ジョイ・エステール/ステファヌ・ネヴィル/ジョン・エイゼン ほか

東京公演
2012年10月6日(土)〜21日(日)
・会場=東急 シアターオーブ

大阪公演
2012年10月26日(金)〜11月4日(日)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール

各公演とも
・チケット発売中
・料金=全席指定S席13,000円/A席9,000円/B席5,000円
・お問い合わせ=梅田芸術劇場 東京 TEL.03-3503-5815/大阪 TEL.06-6377-3800

過去の関連記事

» 2012/5/24|城田優がオフィシャルサポーターに就任 フランス版『ロミオ&ジュリエット〜ヴェローナの子どもたち〜』の来日イベント開催
» 2011/9/26|城田優&山崎育三郎らフレッシュなメンバーで送る ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』公開舞台稽古

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4392