文部科学省が平田オリザ監修のもと、子ども向けウェブサイト「演劇メーカー」を開設 脚本・演出家となって演劇制作を体験 - 2012年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

文部科学省は、5月31日、平田オリザによる監修のもと、子ども向けウェブサイト「演劇メーカー」を公開した。

同サイトでは、子どもたち一人ひとりが脚本家・演出家に。自分なりに工夫して演劇を作ることで、創造性や表現力をはぐくみコミュニケーション能力への理解を深めることを目的としている。

サイトでは、あらかじめ用意されている脚本(「ホームストーリー」と「学園ストーリー」)の、空白部分を自分なりのせりふやト書きでつなげて脚本を作成。その脚本に合わせて、サイト上のビデオクリップや静止画をつなぎ1シーンの動画を作ることができる。動画にはオーディオクリップで音をつけることも可能だ。

作品には、個別のURLが発行されるので、メールやFacebook、Twitterなどでほかのユーザーとの共有もでき、また作品に対しての投票もすることができる。

これまでに同省では、「深海ワンダー」「宇宙ワンダー」「プログラミン」などのサイトを作成してきたが、教育分野をテーマにしたスペシャルサイトは今回が初。

平田は「演劇の面白いところは、映画やテレビドラマと違って自由に場面が動かないという中で、せりふだけでお客さんに何が起こっているかを伝え、想像してもらうところなので、皆さん工夫してみてください」とメッセージを送っている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4410