木下惠介監督、新藤兼人脚本の映画「お嬢さん乾杯」が初舞台化 - 2012年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
舞台『お嬢さん乾杯』チラシビジュアル

拡大する

映画「お嬢さん乾杯」DVD

拡大する

「二十四の瞳」「楢山節考」などで、世界的に高い評価を受けた巨匠、木下惠介。松竹は、木下監督の生誕100年記念事業の一環として、49年に公開された映画「お嬢さん乾杯」を初舞台化する。

同作は、先日逝去した新藤兼人監督が、脚本家としての地位を確立することにもなった作品。元華族の令嬢に恋をしてしまう成り金の青年(佐野周二)と、家のために彼を愛そうとする令嬢(原節子)の洒脱なラブ・コメディーだ。

舞台版のキャストには、水谷八重子、波乃久里子、瀬戸摩純、市川月乃助が名を連ねる。

また映画版は、リニューアルパッケージ化されたDVDが、8月29日に発売されるほか、今年中に、NHK-BSプレミアムにて「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本・喜劇50本」の一作として放映されることも決定している。

市川月乃助コメント
(木下作品は)師匠・猿翁が團子時代に『楢山節考』に出演したのを拝見し、文楽の義太夫を駆使した創作法に感動した記憶があり、その木下監督作品「お嬢さん乾杯」の初舞台化に出演させていただくのは感慨深いものがあります。また新派公演は過去にも出演させていただきましたが、このたびのような昭和ものの新作に挑ませていただくのは初めてです。平成25年の新春早々、心新たに勤めさせていただきたく思っております。

インフォメーション

新派百二十五年 初春新派公演
木下惠介生誕100年記念
『お嬢さん乾杯』

【スタッフ】脚本=新藤兼人(映画『お嬢さん乾杯』より) 脚本・演出=成瀬芳一
【キャスト】水谷八重子/波乃久里子/瀬戸摩純/市川月乃助

2013年1月2日(水)〜23日(水)予定
・会場=三越劇場
・一般前売=11月末予定

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4419