リーディングドラマ『Re:(アール・イー)』がWOWOWにて4夜連続放送 - 2012年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
WOWOW『Re:(アール・イー)』上段左から藤木直人×ベッキー、竹中直人×中越典子 下段左から古田新太×宮沢りえ、生瀬勝久×仲間由紀恵

▲ 上段左から藤木直人×ベッキー、竹中直人×中越典子、下段左から古田新太×宮沢りえ、生瀬勝久×仲間由紀恵

拡大する

撮影:引地信彦

今年3月にCBGKシブゲキ!!プレミアムステージ企画第一弾として上演されたリーディングドラマ『Re:(アール・イー)』が、6月12日(火)よりWOWOWにて4夜連続で放送される。

土田英生による書き下ろしである本作。間違いメールがきっかけで恋におちる一組の男女のラブストーリーが、メールの文面のやりとりだけでつづられていく。

藤木直人
距離感が変わったり、違う人にちょっと心が行ったりしつつもずっとつながり続けた二人。お客さまも純愛として感動できるんじゃないでしょうか。
ベッキー
なつきは最後とかどんどん弱くなっていくし乙女になっていくから…かわいいなって。真っすぐな女性なんだろうなって思いました。

竹中直人
朗読劇だと自分なりの理想的な音があって、それを探りながら……。でも、探り過ぎると今度はテンポが落ちるので、そこが難しかったかな。
中越典子
読みながら、竹中さんの顔を見たい、横を向いてみたい、お客さんと感情を共有したいと惑わされそうになったけど(笑)、楽しかったです。

古田新太
りえちゃんは声もチャーミング。4組やった中で僕らが一番エロかったんじゃないかなって思います。
宮沢りえ
堂山さんは魅力的。文書がやっぱり……キュンっと来るところ、ありましたね。女心がくすぐられるような。古田さんもセクシーですし。

生瀬勝久
小屋があればできる作品だよね。僕はこの『Re:』をいろんなところで上演したいって思います。できればまた新作も書いていただきたいな。
仲間由紀恵
ぶつかっていけば乗っていけちゃう素晴らしい本だったので、読んでいて自分でもドキッとしました。ストーリーにのみ込まれている感じ。

インフォメーション

リーディングドラマ『Re:(アール・イー)』

6月12日(火)〜15日(金)
WOWOWライブ:23:00〜

藤木直人×ベッキー(12日)、竹中直人×中越典子(13日)、古田新太×宮沢りえ(14日)、生瀬勝久×仲間由紀恵(15日)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4425