NON STYLE・石田明、片桐仁、須藤理彩らが送るファンタジック・コメディー『スピリチュアルな1日』が開幕 - 2012年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『スピリチュアルな1日』開幕1 石田明(前列左)と柳澤貴彦、須藤理彩(後列左)と今井隆文

▲ 石田明(前列左)と柳澤貴彦、須藤理彩(後列左)と今井隆文

拡大する

『スピリチュアルな1日』開幕5 石田明(左)と片桐仁

▲  石田明(左)と片桐仁

拡大する

『スピリチュアルな1日』開幕6 須藤理彩(左)と石田明

▲ 須藤理彩(左)と石田明

拡大する

このほかの写真も見る

漫才コンビ「NON STYLE」の石田明が主演を務める舞台『スピリチュアルな1日』が、13日にあうるすぽっとにて開幕。この初日を前に公開舞台稽古が行われた。

幽霊が現れるマンションの一室で繰り広げられる、笑って泣けるファンタジック・コメディーとなる本作。前回は東日本大震災の影響から、期間が短縮されての公演だったが、好評の声に応え再演が実現。今回は東京と大阪、そして、仙台でも公演が行われる。

前回公演について、須藤は「震災後での不安な状況の中で、皆さんから『こういう思い切り笑って泣けて元気になれるものが観たかった』と、うれしい声をいっぱい聞けた」と振り返り、今回の再演は「そういう“もらったもの”をお返しする機会をいただいたという感じです」と語った。

そして、石田は「震災の不安を稽古で紛らわすような雰囲気でしたが、幕が開くとお客さんの反応がすごく良くて。救うつもりでやってたのに逆に救われました」とコメント。また、今回の仙台公演は、復興支援プロジェクト「ぷらっとプロジェクト」の一環になっていることもあり「がっつりやって一人でも多くの人を元気づけたい。“別れ”を扱う舞台ですが、だからこそより元気になってほしい。そう思って稽古に励んできたので、その結果を出したい」と意気込みを見せた。

再演からの参加となる片桐は「人見知りなんですが(石田と須藤は「えー! そんな風には見えなかった!」と驚く)、皆さん優しくて、こんなに怒られなくていいのかなって(笑)。すごくいいお話なので、そこに参加できるのはとても光栄です」とコメント。座長を務める石田に対しては「ちゃんと引っ張っててくれました」と評価した。

一方、須藤と石田は、片桐の参加で「同じ作品なんですけど、全然別物が出来上がっているというか、新しいものが生み出されている感じ。私たちもうまくそれを受け取って相乗効果が出ています」(須藤)、「前回見えてなかったところが、見えてきたりとか、どんどん味付けが濃くできて、深みが出てきたかな」(石田)と手応えを感じている様子を見せた。

しかし、須藤が「片桐さんの芝居の爆発力にやられっぱなしで、片桐さんの笑いの場面を引きずって、笑いが収まらずに(勝手に)一旦はけちゃうっていうハプニングが(笑)」と稽古中のエピソードを明かすと、石田が「あれはダメですよ! 吉本新喜劇ですら怒られます(笑)。明日本番ですよ? 今日も舞台袖の笑い声が聴こえますからね」と注意。若干の不安要素(?)も残っているようだ。

コンビの相方・井上は、再演の話を聞いて「『またか入ったか……』って何か言いたそうでしたけど、初演の時に今田耕司さんが観にきて大絶賛してくれまして、僕に直接電話で『良かったな!』って言ってくれて、その事実が芸人の間でも広まっているらしくて、井上も文句言いたくても言えないみたいです(笑)」と余裕を見せていた。

この記事の写真

  • 『スピリチュアルな1日』開幕1 石田明(前列左)と柳澤貴彦、須藤理彩(後列左)と今井隆文
  • 『スピリチュアルな1日』開幕2 左から柳澤貴彦、猪塚健太、石田明
  • 『スピリチュアルな1日』開幕3 左から諏訪雅、吉本菜穂子、石田明
  • 『スピリチュアルな1日』開幕4 左から石田明、柳澤貴彦、諏訪雅、吉本菜穂子、片桐仁
  • 『スピリチュアルな1日』開幕5 石田明(左)と片桐仁
  • 『スピリチュアルな1日』開幕6 須藤理彩(左)と石田明
  • 『スピリチュアルな1日』開幕7 左から片桐仁、石田明、須藤理彩

インフォメーション


大阪公演
2012年6月29日(金)〜7月1日(日)
・会場=ABCホール

宮城公演
2012年7月7日(土)〜8日(日)
・会場=仙台市青年文化センター シアターホール

過去の関連記事

» 2012/6/7|NON STYLE・石田明、須藤理彩、片桐仁ら出演『スピリチュアルな1日』公開稽古

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4435