ドロシー役はAKB48増田有華に決定 宮本亜門演出ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』主役オーディション - 2012年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ウィズ』オーディション 増田有華(左)と宮本亜門

▲ 増田有華(左)と宮本亜門

拡大する

このほかの写真も見る

宮本亜門が演出するミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』の主演オーディション最終選考が2日都内で行われ、AKB48の増田有華がドロシー役を勝ち取った。

本作は「オズの魔法使い」の物語を、オール黒人キャストで上演した74年初演のブロードウェイ・ミュージカル。後に設定をNYに置き換えて、ダイアナ・ロスやマイケル・ジャクソンの出演により映画化もされている。

同オーディションは宮本の希望でAKB48グループを対象に、186人が参加して行われた。この日最終選考に残ったのはAKB48の仲谷明香、梅田彩佳、増田有華、中村麻里子、SKE48研究生の斉藤真木子、NMB48の山本彩の計6名。さらに、応援隊員として100名の一般観客を入れ、最終オーディションが行われた。

最終審査はダンス審査、演技審査、歌唱審査と3部門にわけて実施された。それぞれが得意分野で自分をアピールする中、増田は歌唱審査で感極まり泣きながらも熱唱。これには審査中の宮本も目に涙を浮かべ、頭上で拍手をする姿も見られた。

オーディション結果は宮本自身の口から発表され、決定の瞬間、増田は嗚咽と共に号泣。増田有華のドロシー役決定にあたり宮本は「歌唱審査で“HOME”を聴いて、演出家にあるまじきことですが号泣してしまいました。上手いとか下手とかじゃなく次元を超えていた。感動させる作品を一緒に作っていきたい」とコメントした。

顔をくしゃくしゃにしながら増田は「私は演じることがすごく好きで、たくさんの人に舞台を通して幸せを届けるのが夢でした。このオーディションにかかわって、自分自身すごく変わることができましたし、主演として生きられることをすごくうれしく感じています。支えてくれた皆さん、この舞台でひと回りもふた回りも大きくなっていきたいと思いますので、ぜひ応援よろしくお願いします!」と意気込みを語り、会場は暖かい拍手に包まれた。

以下、質疑応答。

【増田さんは大人っぽいイメージがありますが?】

増田有華
今回、服装を子供っぽくしなさいと事前に言われたので、マネージャーさんに服を選んでもらいました。このドロシー役のために20年間貫いてきた黒髪を染めたり、これほど風貌や根本的に自分で変わろうと思ったのは初めてです。人生をかけられるオーディションに出会えたことに感動しています。
私は14歳で東京に出てきて、全部一人でやってきたので大人っぽくみられますが、そのころは私にもドロシーみたいな無邪気さがあったと思うので、思い出しながら新しい14歳の私を生み出したいなと思います。

宮本亜門
しっかりしている増田さんですが、ピュアでもあるんです。僕がアドバイスをすると目から入り込んでくる。一切壁の無い状態で、全身全霊で飛び込んで来てくれます。これならどんな役でもできる。僕は心配していません。

【今の気持ちを誰に伝えたいですか?】

増田
やっぱりファンの皆さんです

【人生のターニングポイントにもなるのでは?】

増田
もう10皮ぐらい剥けちゃうんじゃないかと(笑)。今までいやだったこととかも全部含めて、新しくドロシーとして生まれ変わりたいです。

【地方公演で地元大阪に帰られますが?】

増田
そうですね! 大阪に帰れる(上演できる)っていうのがほんとにうれしい!お母さんとお父さんにも観に来てほしいと思います。

【AKBのお仕事と舞台と大変ですが、稽古や体力に不安は?】

増田
私はバスケで大阪市代表だったので体力には自信があります! マラソン大会とかもいい順位だっんです。

宮本
あーしごけるなーそれ聞いて。よし!

増田
あ、やっぱ体力無いかもしれないです(会場笑)。

この記事の写真

  • 『ウィズ』オーディション 増田有華(左)と宮本亜門
  • 『ウィズ』オーディション2 上段左から梅田彩佳(AKB48)、斉藤真木子(SKE48研究生)、中村麻里子(AKB48) 下段左から仲谷明香(AKB48)、増田有華(AKB48)、山本彩(NMB48)
  • 『ウィズ』オーディション3 増田有華(左)と宮本亜門

インフォメーション

パルコ・プロデュース
パワフル・スーパー・ミュージカル
『ウィズ〜オズの魔法使い〜』

【スタッフ】原作=ライアン・フランク・ボーム 脚本=ウィリアム・F・ブラウン 作詞・作曲=チャーリー・スモールズ 翻訳・演出=宮本亜門 訳詞=森雪之丞 音楽監督・編曲=Nao'ymt 振付=仲宗根梨乃
【キャスト】増田有華/ISSA/良知真次/エハラマサヒロ/森公美子/小柳ゆき/ジョンテモーニング/瀬戸カトリーヌ/吉田メタル/陣内孝則 ほか

神奈川公演
2012年9月28日(金)〜30日(日)
・会場=KAAT神奈川芸術劇場 ホール
・一般前売=7月29日(日)開始
・料金=全席指定S席10,000円/A席7,000円/B席5,000円(中学生以下半額)、(以下S席のみ)24歳以下5,000円(限定数)/65歳以上9,500円
・お問い合わせ=チケットかながわ TEL.045-662-8866(10:00〜18:00)

東京公演
2012年10月18日(木)〜28日(日)
・会場=東京国際フォーラム ホールC
・一般前売=9月1日(土)開始
・料金=全席指定S席12,500円/A席9,500円/B席7,800円
・お問い合わせ=PARCO劇場 TEL.03-3477-5858

ほか、大阪、愛知公演を予定

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4485