亀梨和也主演『DREAM BOYS 2012』新キャスト発表記者会見 - 2012年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『DREAM BOYS 2012』

昨年の「帝国開場100周年記念公演」ラインアップの一つでもあった、アイドルグループKAT-TUNの亀梨和也主演舞台『DREAM BOYS』が今年も帝国劇場で上演される。

会見では亀梨以外の新キャストが発表され、亀梨の後輩にあたるHey!Say!JUMPの八乙女光、Kis-My-Ft2の玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉といったフレッシュな面々が顔をそろえた。

少年の夢と挫折、友情をアクロバットやボクシング、フライングを通して描く本作は、2004年の初演(滝沢秀明主演『ドリームボーイ』)以来、亀梨主演で演じ継がれてきており、昨年公演の千穐楽で通算350回の上演記録を達成した。

2012年度版では、亀梨自らキャスティングやポスターおよびチラシデザインにも参加し、グループの垣根を越えた豪華キャストを実現させたほか、ストーリーやキャラクターも大幅にアレンジするという。

公演ごとにフライングのバリエーションや質を進化させ、“日本一滞空時間が長い=日本一地に足のついていないエンタテイナー”亀梨和也率いる新生ドリームボーイズの、新たな挑戦に期待したい。

以下、登壇者のコメント。

亀梨和也(KAT-TUN)
初演からずっと参加させていただいている中で、後輩しかいないという状況が新鮮です。小さいころから知っている彼らと同じ目線でモノを創っていくということが僕自身も初めての経験になるので、9月の幕開けを楽しみにしてほしいなと思います。
この舞台の一番の魅力は、大筋はあれど毎回、内容がすごく変わること。「去年こうしたから今年も」という考えを常にゼロにして挑んでいます。また、今回この4人の新たな要素が加わるだけできっと僕自身にも何かしらの影響はあると思うので、それぞれの必殺技=個性をぶつけ合えたらと思っています。それと昨年は震災等の影響で舞台上しか使えなかったので、今年は客席も含めた空間演出を意識していきたいです。

八乙女光(Hey!Say!JUMP)
ずっと観てきた側なので、まさかあの舞台に自分が立てるなんて、という感じです。亀梨君とは9年ぶりぐらいに一緒に舞台に立つんですが、演技でもダンスでも、テンポ感を合わせて生まれるモノもあると思うので、それをうまく出せるよう頑張って行きたいと思います。
この作品は、フライングがあったりと、鮮やかなステージなのですが、(それぞれの登場人物が)目標に一人一人向かっている中で、そこでぶつかり合ってしまったり……と、人間の本当の芯の部分と言うか、深い部分の絆がとてもさりげなく伝わってくるところが魅力的です。

玉森裕太(Kis-My-Ft2)
僕らもKis-My-Ft2として04年—08年に出演させてもらっていましたが、今回はその時とは違う立ち位置からお芝居ができるということで、しかも亀梨君とも1カ月間も同じ舞台に立てるので、気合い十分で頑張っていきたいと思います。これからいろいろなことを言い合っていきたいです。(亀梨から「全然、文句言ってきていいからな」と激励を受け)はい、ぶつかって行きます!

千賀健永(Kis-My-Ft2)
初めて舞台に立ったのが『DREAM BOYS』だったので、自分の中でもすごく大切な舞台に感じています。これまではリハーサルからのスタートでしたが、今回は記者会見からなので、気合いも責任感もまた違いますね。昔はまだまだでしたが、今は胸を張って、最高の舞台を創りたいです!

宮田俊哉(Kis-My-Ft2)
04年—08年まで出演させていただいて、その後も毎年観に行かせていただいていましたが、年々パワーアップしていて、リハーサルも見入ってしまうぐらいのすごいフライングでした。
これまでと違う役で出演させていただくことによって新たな一面もみえてくるでしょうし、また違う『DREAM BOYS』の魅力もいろいろ発見できていけたらいいなと思います!

インフォメーション

『DREAM BOYS 2012』

【スタッフ】作・演出・構成=ジャニー喜多川
【キャスト】亀梨和也/八乙女光/玉森裕太/千賀健永/宮田俊哉/樹里咲穂/鳳蘭 ほか

2012年9月3(月)〜29日(土)
・会場=帝国劇場
・一般前売=8月4日(土)開始
・料金=全席指定S席12,000円/A席8,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4486