別役実原作 小野寺修二構成・演出『日々の暮し方』が10月に公演 - 2012年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

小野寺修二が構成・演出を手掛ける舞台『日々の暮し方』が、10月にあうるすぽっとにて上演される。

原作は別役実の同名エッセイ。「正しい退屈の仕方」「正しい風邪のひき方」「正しい電信柱の登り方」「正しい小指の曲げ方」など、別役流のブラックユーモアにあふれた“正しい日々の暮し方”を記した一冊だ。

脚本を劇団「東京フェスティバル」主宰の放送作家・きたむらけんじが、美術・アートディレクションを中山ダイスケがそれぞれ手掛ける。

インフォメーション

アトリエ・ダンカン/デラシネラ プロデュース
『日々の暮し方』

【スタッフ】原作=別役実(白水Uブックス) 構成・演出=小野寺修二 脚本=きたむらけんじ 美術・アートディレクション=中山ダイスケ(daicon inc.)
【キャスト】南果歩/川合ロン/藤田桃子/矢沢誠/吉村和顕/小野寺修二 ほか

2012年10月18日(木)〜28日(日)
・会場=あうるすぽっと
・一般前売=8月4日(土)開始
・料金=全席指定 前売5,500円/当日5,800円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4503