ブロードウェイミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』が開幕 - 2012年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ウエスト・サイド・ストーリー』開幕1

拡大する

『ウエスト・サイド・ストーリー』開幕2

拡大する

© 下坂敦俊

渋谷駅前にできた新劇場・東急シアターオーブのこけら落とし公演、ブロードウェイミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』が今月18日に開幕した。

『ウエスト・サイド・ストーリー』は、1957年の初演以来、世界中で愛され続けているミュージカルの不朽の名作。シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』をベースに、当時のニューヨークの社会背景を織り込み、二つの若者グループの抗争とそのはざまで揺れる男女の悲恋を描く。

今回来日したのは、09年のトニー賞でリバイバル賞候補に挙がったアーサー・ローレンツ演出版。レナード・バーンスタイン作曲×スティーブン・ソンドハイム作詞の名ナンバーに乗せて繰り広げられる躍動感あふれるダンスはもちろん、昨年逝去したローレンツの後を継いだ、デイヴィッド・セイントの演技に重点を置いた細やかな演出が楽しめる。東京公演は8月5日(日)まで。その後、大阪・オリックス劇場にて、同月8日(水)から12日(日)まで公演あり。

なお、弊誌8月号・巻頭特集では、同公演の魅了や見どころを詳しく紹介中。併せてチェックしてほしい。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4528