柳下大「舞台で金メダルを!」 男子新体操を描いた舞台『タンブリング Vol.3』が開幕 - 2012年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『タンブリング Vol.3』開幕2

拡大する

『タンブリング Vol.3』開幕8

拡大する

このほかの写真も見る

男子新体操を題材とした同名テレビドラマの舞台版『タンブリング Vol.3』が、8日、東京国際フォーラム ホールCで開幕。初日公演を前に、公開舞台稽古が行われた。

今回は、ドラマ版から3年後、舞台は高校から大学へと移る。主人公はドラマ版にも登場した水沢拓だ。ある事件をきっかけに、新体操をやめてしまった水沢。そんな彼に、鶴島大学男子新体操部員たちが、入部を懇願する……。果たして水沢は、再び新体操のマットに立つことができるのか? 新体操に情熱を燃やす若者たちの青春ストーリーが展開される。

キャストたちが、吹き替えなしでリアルな男子新体操パフォーマンスに挑戦する本作。主演を務める柳下大は「体力的にキツい部分もあったけれど、それ以上に、すごく楽しくて充実した日々でした。1カ月前に稽古が始まって、今日を迎えるまであっという間だった」と振り返った。

そして柳下は、ドラマ版に続き再び水沢に扮する。「『タンブリング』という作品に思い入れがあって、この役もすごく大事にしていました。ドラマで演じきれなかった気持ちや、新体操への思いを今回の舞台で、より細かく演じられるのでうれしく思っています」と語った。

共演者たちは、柳下に対して「常に本気でやってくれるので、こっちも手を抜かずにできる。そのおかげで見つかるものが多かったので、常に先頭に立ってみんなをリードしてくれたという印象」(馬場徹)、「稽古中、身体がキツい時があったんですが、そういう時に、ちゃんと周りを見て指示して、引っ張っていってくれる」(佐々木喜英)と、それぞれに頼もしい座長ぶりを評価した。

しかし、石井正則が「すごく周りに気を配っているのに、女性と全然話をしないんです」と話すと、新垣里沙は「私は、(柳下を)“トモくん”って呼ばせてもらってて、私からも自分を“リサって呼んでねっ”て言っていたんですが、“ガキさん”としか呼んでくれない」と明かし、柳下を困らせていた。

また、ロンドンオリンピックが盛り上がる中での開幕となった今回の公演。柳下は「体操で、内村(航平)選手が金メダルを獲ったので、僕たちもその演技に近づけるくらいのものを見せたい。この夏、僕たちが舞台で金メダルを獲ります!」と力強くアピールした。

この記事の写真

  • 『タンブリング Vol.3』開幕1
  • 『タンブリング Vol.3』開幕2
  • 舞台『タンブリング Vol.3』開幕3
  • 『タンブリング Vol.3』開幕4
  • 『タンブリング Vol.3』開幕5
  • 『タンブリング Vol.3』開幕6
  • 舞台『タンブリング Vol.3』開幕7
  • 『タンブリング Vol.3』開幕8
  • 『タンブリング Vol.3』開幕9

インフォメーション

大阪公演
2012年8月17日(金)〜19日(日)
・会場=イオン化粧品 シアターBRAVA!
・チケット発売中
・料金=全席指定7,800円

東京凱旋公演
2012年9月21日(金)〜23日(日)
・会場=赤坂ACTシアター
・一般前売=7月7日(土)開始
・料金=全席指定7,800円

過去の関連記事

» 2012/6/11|柳下大が再び男子新体操に挑戦 舞台版『タンブリング Vol.3』制作発表会

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4567