東京芸術劇場リニューアル・オープン 記者発表・内覧会 - 2012年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会1 アトリウム

▲ アトリウム

拡大する

東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会4 プレイハウス

▲ プレイハウス(中ホール)

拡大する

このほかの写真も見る

9月1日(土)にリニューアル・オープンする東京芸術劇場。これに先立ち9日、同劇場の記者発表会と内覧会が行われた。

90年の開館以来、約20年が経過した同劇場。建物や設備の劣化が進んだため、1年半にわたる大規模な改修工事が行われた。総工事費は約84億円。

改修後、大ホールは「コンサートホール」、中ホールは「プレイハウス」、小ホール1は「シアターイースト」、小ホール2は「シアターウエスト」と、それぞれ名称が設けられ、それら積層した各フロアは、鉄(5F:コンサートホール)、木(2F:プレイハウス)、土(B1F:シアターイースト・ウエスト)をモチーフとしている。

ビデオでコメントを寄せた芸術監督・野田秀樹は、「今回の改修工事には、さまざまな点でかかわってきた。大勢の人が集いやすい、とても良い空間になってのではないかと思う。だが、劇場は“器”だけが良くても何も変わらない。作品とそれにかかわる人が変わらないと良い劇場にはならない。今回は、“新しい劇場”に変わるきっかけとして改修工事が行われたのだと考えている」と語った。

1日(土)のリニューアル・オープン初日は、読売日本交響楽団「マーラー交響曲第2番『復活』」(コンサートホール)、カナダの劇団コープスによる『ひつじ』(ロワー広場 *観覧無料)、ハンガリーの劇団オルケーニによる『ショックヘッド・ピーター』(シアターイースト)などでスタート。2日(日)からは、シアターウエストにて、若手劇団やダンサーらによる日替わりイベント「東京福袋」が開催される。そして、プレイハウスでは、5日(水)に、野田自身が作・演出を手掛ける新作『エッグ』が開幕する。

この記事の写真

  • 東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会1 アトリウム
  • 東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会2 アトリウム
  • 東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会3 アトリウム、ボックスオフィス
  • 東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会4 コンサートホール
  • 東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会5 プレイハウス
  • 東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会6 プレイハウス
  • 東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会8 シアターイースト
  • 東京芸術劇場リニューアル・オープン記者発表・内覧会11 シアターウエスト

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4571