笠井叡×麿赤兒『ハヤサスラヒメ』が世田谷パブリックシアターにて上演 - 2012年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

大野一雄、土方巽らとともに舞踏の創始者の一人として、歴史を牽引してきた笠井叡。現役で活動する舞踏家として今年50周年を迎えた笠井が、舞踏の世界のもう一人の双璧、麿赤兒とともに手掛ける『ハヤサスラヒメ』が、世田谷パブリックシアターにて上演される。

異なる作風で舞踏の多様性を提示してきた二人がそれぞれ率いる、「天使館」と「大駱駝艦」の面々が集結。古事記に描かれる「天の岩戸」の神話を題材に、初の共演作品に取り組む。

インフォメーション

笠井叡×麿赤兒
『ハヤサスラヒメ』

【スタッフ】構成・演出・振付=笠井叡 意匠=麿赤兒
【キャスト】笠井叡×麿赤兒
笠井禮示/寺崎礁/定方まこと/鯨井謙太郒(天使館)
田村一行/塩谷智司/奥山ばらば/小田直哉(大駱駝艦)
笠井瑞丈 ほか

2012年11月29日(木)〜12月2日(日)
・会場=世田谷パブリックシアター
・一般前売=9月29日(土)開始
・料金=S席(1・2階席)全席指定 前売4,500円、当日5,000円/A席(3階席)整理番号付自由席 前売3,000円、当日3,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4602